収入が2倍以上になる誘いがあっても会社員には戻らない理由

Pocket

あなたは、会社員を辞めて独立しようと思っているかと思います。
結論からすると、ぜひ独立してください。
無責任な発言のように聞こえますが、あなたが独立してもしなくても、
それはあなたの責任です。

とは言っても、不安があるからこのサイトにたどり着いたはずです。
私の経験をちょっとお話しますので、少しでも参考になればと思います。

会社を辞めようと思った一番の理由

私は、会社員として15年、38歳のときに会社を辞めて独立しました。役職は、係長で管理職ではありませんでした。
後輩の中には、私より上の役職がいましたし、先輩の中には、私より下の役職もいました。
それはどこの会社でも一緒です。いたって普通の会社です。
入社したときは、未上場会社でしたが、退職するときは一部上場になり、社員もどんどん増えていきました。
ただ、給料はほとんどかわりませんでした。

私がいた会社は、課長代理から管理職扱いとなり、残業がつかなくなります。
役職手当なるものがありますが、係長から課長代理になると、給料は減少します。

入社したころは、天引きされる社会保険料も少ないですし、年に1回の昇給時に基本給が1万円くらい増えていましたが、
5年目くらいから基本給が数千円程度となり、社会保険料が年々増額されていたので、手取りはほとんどかわらないか
減っていました。

また、会社勤めを10年くらいすると、会社というものがいろいろ見えてきます。
そんなあるとき、上司が愚痴ばかりを言っていたのです。
元気がないのです。

それをみた瞬間、

自分もこうなるのか?いや、こうはなりたくない

漠然と独立したいと思っていたのが、上司をみたことで、完全にスイッチが入りました。

反対に、上司の方々が、生きがいをもち、情熱をもって仕事をしているようにみえたら、
私は会社員を続けていたかもしれません。

独立をするとお金ではない部分が圧倒的に大事になる

独立をする際に、一番の問題点が、お金です。
生活していけるのかどうかだと思います。
私も思いました。結婚もしてましたし、妻には猛反対されましたし。

確かに、貨幣経済でもありますから、お金は大切です。
私も、今では会社員の給料より収入は増えましたし、それほど贅沢はしていませんが、
小さい事務所を構えながら、充実した人生を歩めています。

ですが、お金だけを求めても、決してビジネスは成立しないのです。

独立するといろいろなことをしなくてはいけません。
ましてや、私のように1人で会社を経営していると営業、企画、技術、管理、総務、マネージメント等すべてやらなくてはいけません。
そのときに大切になってくるのが、人脈だったり信用なのです。
確かにお金を支払って人を雇う方法がありますが、私はそのような形態をとっていません。

お金ではない部分が圧倒的に大切だと思っています。

私は、たくさんのパートナーに恵まれて今があります。
とても感謝しています。そういったパートナーの方々がいなかったら、今はないのです。

今より収入が2倍以上になる誘いがあっても会社員には戻らない理由

もしあなたが、信頼できる人から「今の年収より2倍以上払うからうちの会社にこないか」と
誘われたら、どうしますか?おそらく、心が動きますよね?

私は、100%断ります。

確かに収入が増えることに、興味がないというわけではありませんが・・・。
興味をもつという意味では、どのようにして売上をあげているのかに関心があります。

私は、独立したことでお金以上のものを得てしまったのです。

達成感・充実感・満足感そして、未来への希望です。

会社員で高収入になるには、出世しなくてはいけません。
私は、その能力がないと自己分析できています。

あなたは、今の仕事をしていて達成感・充実感・満足感はありますか?
あるなら、その気持ちを大切にしたほうがよいので、独立する必要はないと思います。
憧れの先輩がいたら、ぜひその先輩をめざしてください。

私は、残念ながら憧れの先輩はいなかったですし、達成感・満足感・充実感を得ることができませんでした。
15年がんばりましたが、社内で見つけることができませんでした。

でも今では、その会社にとても感謝しています。
基本的なパソコンスキルを給料をいただきながら、学ばせていただきましたし、
私が独立するきっかけを作っていただきました。

おかげで、収入も会社員時代を上回りましたし、充実した人生を歩めています。

独立しようか迷っているあなたへ

最初は、誰だって先のことをいろいろ考えてしまいます。私もそうでした。
なので、会社勤めをしながら、少しずつ自分探しをしてみてください。

具体的には、

1.いちばん今までにお金と時間を費やしてきたものは何か?
2.まわりの人によく質問されることは何か?
3.寝食忘れて打ち込めるものは何か?

そして、独立するチャンスがきたときのために準備をしてください。
今、迷っているならば、まだ独立しないほうがよいでしょう。

私は、会社を辞めようと思ってから、辞めるまでに2年以上かけました。
その間に、誰もが思う不安というのをできるだけ取り除く努力をしました。

ただし、実際に独立すると、想像していなかった仕事も手掛けるようになります。
これも充実する要素でもあります。

このサイトをすべてご覧いただき、独立する準備を進めてください。

スポーツで仕事をするようになった2つのターニングポイント もご覧ください。

【スポーツ×仕事=スポーツビジネス】当講座で事業の練習試合をしませんか?

スポーツビジネス

収入が2倍以上になる誘いがあっても会社員には戻らない理由
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです