【実践】参加型スポーツイベントを企画から運営までしてみたパート2

Pocket

【実践】参加型スポーツイベントを企画から運営までしてみたパート2

2017年4月より、スポーツ起業家発掘養成講座の第1期生がスタートします。
そこで、ここでは、スポーツビジネス講座の模様をご紹介していきます。

スポーツビジネスの企画から実行するまでをお伝えしますので、
これからスポーツビジネスに興味ある人は、ぜひ参考にしてみてください。

パート1はこちら

今回は、公開協力していただく刈田くんのご紹介です。

t02200391_0800142213649439276

スポーツビジネス講座一期生の刈田です。
こんにちは!
今回スポーツビジネス講座の一期生となりました刈田浩平と申します。
現在は東京工業大学大学院でスポーツ工学を学んでいて、スポーツに関する動作を解析しています。
(よくテレビで放映されているモーションキャプチャーシステムなどで有名な分野です。)
私の目標は、自分が好きなことで多くのビジネスを生み出し、社会に貢献していくことです。
その中の一つにスポーツがあったため、この講座に参加することを決めました。

幼少期は野球少年

人生で最初のスポーツは野球でした。小学3年生の時から大好きな野球選手に憧れ、毎日友達と野球をして過ごした
日々は本当に楽しかったです。
中学に入ると硬式野球チームのリトルシニアに入り、本格的な野球を経験しました。チームが強かったため、高学年になると試合に出られる機会が少なくなり、悔しい思いもしました。
さらに、途中から高校受験のために野球から一旦離れ、受験に集中することになります。

第一志望の高校に合格し、陸上競技の道へ

高校からは野球をすると坊主にしなくてはならないというルールが嫌であったことと、自分の野球の限界を感じていたことが新たなスポーツへの挑戦を掻き立てます。

小学生の頃から得意だった陸上競技の走り幅跳びが自分のスポーツ人生を変えてくれました。
当時住んでいた茨城県で一位になり、高校2年で関東4位まで記録を伸ばしました。

大学陸上

その後、上智大学経済学部経済学科に進学します。
現在はスポーツを研究したいという思いから東京工業大学大学院でスポーツ工学を学んでいます。

部活動で陸上競技に取り組んでいて、大学に入っても自己ベストを更新しています。

これからはサポートしていく立場になりたい

現在は、来年以降に独立していくために数学専門の学習塾を開業、集客コンサルタント活動、かけっこ教室など様々な活動をしています。

(数学専門塾のURL:http://tanuchannel.com

今回のスポーツビジネス講座では多くの経験をさせていただき、スポーツビジネス講座一期生としてしっかり結果を残していきます。

今後は講座の途中経過を報告していきますので、よろしければご覧になってください。
よろしくお願いいたします!!

つづく
パート3はこちら

【実践】参加型スポーツイベントを企画から運営までしてみたパート2
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです