自分でビジネスを行う人が必ずしているたった1つのこと

Pocket

あなたは、情報を発信していますか?
今では、インターネットを使えば、誰でも簡単に情報を発信することができます。

自分でビジネスを行っている人が必ずおこなっていることがあります。

ゼロからビジネスを立ち上げたときに最初にしなくてはいけないのは、情報発信です。
情報発信して、世間の人々にあなたを知ってもらう必要があるからです。

知り合いに告知したり、チラシを配ったり、ブログを書いたり、HPを作成したり、facebookやツイッターを利用したり、
交流会に行って名刺交換をしたりと、あらゆる手段を使います。

私が最初に行ったのは、口コミとチラシ配りです。

口コミは、前勤めていた会社の後輩や両親や近所の知り合いに声をかけました。
「ジョギング教室をやるから、来てもらえますか?」と。

それと、チラシ配りです。近所に1000枚くらいだったかと思いますが、
何日かにわけて配布しました。
結果、2名のお客さんが来てくださいました。

一般的に1000枚配って3枚くらいしか反応がないのが一般的なので、こんなものでしょう。

そして並行して、ブログを書いていました。
ジョギング教室をおこなった実績や自分のトレーニングの様子です。

第1情報を発信する

このときの情報は、第1情報となります。これがとても大切です。
第1情報者とは、他人WEB上の記事など他の記事をそのまま掲載ではありません。

自分が体験したことを自分の言葉で表現するのです。
ですが、すべて自分が経験したことを掲載することは難しい場合があります。

書くネタがない

よくブログを拝見すると、食べたものやどこに行ったなどを掲載している人がいますが、
著名人が行うならまだしも、一般の方がそのような記事を掲載しても意味がありません。
ましては、自分でビジネスを行おうとしている人ならなおさらです。

書くネタがないという人がよくいます。
そのような方は、もっと情報を収集してください。

他人の情報を参考にすることになりますが、かまいません。
そして、あなたというフィルダーを一度通してから、情報発信すればよいのです。

このとき、あなたは著作権を気にするかもしれませんが、完全にコピーすると問題になりますが、
一度あなたのフィルターを通せば、問題ありません。

私の場合も、勉強して得た情報もありますので第1情報ではないものもありますが、
自分のフィルターを通して発信しているので問題ありません。

情報を発信するには情報を収集する必要がある

世の中、あらゆる情報であふれています。
その中で、自分が興味・関心があることや今まで自分がいちばん時間とお金を使ってきたことなどに関して、
さらに情報を得て、自分の言葉で発信していきましょう。

セミナーや本を読んで学ぶだけで終わらしてはいけません。
それを自分のフィルターを通して、情報を発信していくのです。

情報を発信する理由

なぜ情報を発信する必要があるのでしょうか。

例えば、どちらが自分のビジネスを行っている人だと思いますか。

Aさん
ビジネス本を買いました。
セミナーに参加しました。
交流会に参加しました。
マラソン大会に参加しました。

Bさん
ビジネス本を出版しました。
セミナーを主催しました。
交流会を主催しました。
マラソン大会を企画しました。

もちろん、Bさんですよね。

自分のビジネスを行っている人は何かしら発信・提供しているはずです。
それが、ビジネスです。

私の場合、かまくRUNというサイトを作成して、情報を発信しています。
こちらでは、トレイルランニングをはじめとする屋外スポーツイベントの情報を発信しています。

役に立つ情報を発信する

最初からは難しいですが、
少しずつでかまいませんので、自己満足の情報ではなく、読み手にとって役に立つ情報を発信していきましょう。

あなたが、今までいちばん時間とお金を費やしてきたことであれば、読み手にとって役に立つ情報を発信できるはずです。

まとめ

自分でビジネスを行うのであれば、第1情報者になりましょう。そのためには、あふれる情報に対して、
必要な部分にアンテナをはり、取り込み、自分のフィルターを通して発信することです。

【スポーツ×仕事=スポーツビジネス】当講座で事業の練習試合をしませんか?

スポーツビジネス

自分でビジネスを行う人が必ずしているたった1つのこと
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです