もっとも早くビジネススキルを身につけるたった1つの方法

Pocket

ビジネスとは何でしょうか。
辞書で調べると、経済行為を表す用語で、個人的な感情を交えずに利益のみを目的として進める仕事で、
仕事、職業、また事業、商売と書いてあります。

スポーツは、社会貢献や福祉活動的な色合いが強く、利益を追求するのが難しいように思えますが、
そんなことはありません。

社会的ルールに沿った形で十分にビジネスになります。
このページを見ているということは、スポーツをビジネスにしたいという気持ちがあるはずです。

ぜひ、ヒントにしてみてください。

ビジネスを行う理由

私は、一浪して普通の会社員として15年勤めていました。
毎日決められた時間に出勤して、いつもと同じ仕事を行い、帰宅していました。
そんな単調な生活をしていました。もちろん、積極的に会社に業務提案などをして、会社に貢献しようと
勤務時間は、一生懸命働いていました。いたって普通です。

しかし、他の人と違ったこともしていました。それは、会社外での活動です。

会社から帰った後や週末を利用してビジネスをおこなっていました。
つまり、会社からもらう給料とは別に、自分でビジネスをしてお金を稼いでいました。

下記が現在のサイトです。

かまくRUN 

最初は、ビジネスとしてというよりは、下記を考えていました。

・このまま会社員で終わりたくない
・自分がやりたいことは何だろうか
・世の中に役に立つことは何だろうか

会社員の誰もが思うことです。それを少しずつ実現するために行動していきました。

あなたは、「給料があがらない」「評価されない」「理不尽なことが多い」と思っているかと思います。
私も思っていました。

でも、これからの時代は会社だけに頼っていてはいけないと思い、
「自分で稼ぐ力を身につける必要がある」と考えたのです。
そして、自分でゼロから活動をはじめ、今では会社設立に至ったのです。

ビジネスは簡単か難しいか

あなたはビジネスは簡単だと思いますか?難しいと思いますか?
私は、簡単だと思いますが、決して楽ではありません。

片手間で楽にビジネスができるものはありません。
よくネットなどで、簡単に稼げる副業が紹介されていますが、騙されないでください。
楽なビジネスはありません。

中には、楽して稼いでいるような書き方をしていて結果を出している人がいますが、
相当な努力をしているはずです。

ビジネスを学ぶには

実際のところ、ビジネスを学ぶには、会社員では学ぶことはできません。
会社員は、営業、技術、総務、経理等々と、役割があります。
その自分の役割だけを行っていればよいのです。
これでは、ビジネスを学べません。

では、会社員で資格の勉強をしてスキルアップをめざしたとしましょう。
例えば、簿記や中小企業診断士はどうでしょう。
確かに、机上でのスキル(理論)は身につきますが、ビジネスは学べません。

もっとも、はやくビジネスを学びたいなら、自分でビジネスをすることです。

自分の力でゼロから利益をだす

ビジネスは、とてもシンプルなものです。
売上ー経費=利益、この利益がプラスであれば事業として成立します。

ただし、ゼロからスタートする場合、最初に利益をだすことが楽ではありません。
楽ではないですが、ここでビジネスを学べるのです。
これは、実際に行動しないと学べません。

会社にいながらビジネスを学ぶ

会社にいながら、ビジネスを学ぶことは可能です。
それは、考え方(思考)をかえる必要があります。思考をかえると見え方がかわってきます。

例えば、
・オフィスの家賃を計算してみてはいかがでしょうか。
とても高いことがわかるはずです。
・自分のコストを計算してみてはいかがでしょうか。
給料が安いなんて言えなくなるはずです。

私は、サラリーマン時代、上記の2点を考えたことがあります。
その他に外食したときなどは、そのお店の経営者になったつもりで、売上から経費などを考えたりしていました。
今でもよく考えたりします。

上記のように、
会社を辞めなくても、ビジネスを学ぶことはできますが、
実際に行動することで、ビジネススキルはさらにアップします。

このサイトでは、私の経験したことなどをご紹介していきますので、
ご自分にあてはめて、ぜひ行動してみてください。

【スポーツ×仕事=スポーツビジネス】当講座で事業の練習試合をしませんか?

 

スポーツビジネス

もっとも早くビジネススキルを身につけるたった1つの方法
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです