私がスポーツビジネスの講師をやるとしたら、こんな感じでおこないます

Pocket

私がスポーツビジネスの講師をやるとしたら、こんな感じでおこないます

2020年の東京オリンピック開催が決まり、スポーツ界は少なからず恩恵を受けることになります。またスポーツ界に限らず、観光業界、建築業界などもそうでしょう。

これは、とてもすばらしいことです。世界的規模の大会が日本で行われるわけですから、経済効果も相当なものになります。

好きなことを仕事にする

そうした中、「スポーツビジネス」に関する講座や学科が増えてきています。

大学では、スポーツマネジメント科やスポーツビジネス科などが開設されたり、
民間ではスポーツビジネス講座などが開講されています。

私も去年、Jリーグが開講するJHC(Jリーグ、ヒューマン、キャピタル)という講座を受講しました。

そこで、今回は
スポーツを事業にしている端くれとしている私が、
「もしスポーツビジネスの講師だったら?」について考えてみたいと思います。

スポーツビジネスといえば、プロスポーツ!?

一般にスポーツビジネスといえば、プロスポーツ業界で働くことが思い浮かぶかと思います。
日本では、プロ野球とJリーグ、最近でもバスケットボールもそれに該当します。

そして、スポーツビジネス講座といえば、そういった場所で働いたことのある偉い人が、
講師を務め、プロスポーツ業界の経験談などを話して、プロスポーツ界のすばらしさを語ります。

これはこれで、スポーツ界に優秀な人材がきてもらうためには、魅力を伝えることは
とてもよいことだと思います。

しかし、スポーツビジネスは決してプロスポーツだけではないということです。プロスポーツ業界で働ける人はごく一部と言う現実があります。

スポーツトレーナーを例にお話ししましょう。
スポーツの専門学校には、スポーツトレーナーになるコースがあります。
そして、ここに入学する人は、プロスポーツのトレーナーになることを夢見て入学するのですが、実際に卒業してすぐにプロスポーツ業界デビューは、ほとんどできません。当たり前ですよね。
もし、あなたがプロスポーツ界に勤めていて、専門学校を卒業したばかりのトレーナーを雇い、トップ選手のケアを依頼しますか?しませんよね?

プロスポーツ界のトレーナーになるには、民間で実績があったり、プロスポーツ業界に知り合いがいて、口コミで声がかからないとなれません。

また、プロスポーツのマネジメントなどの仕事や営業の仕事もほとんどが口コミです。
最近こそ、求人をだしているケースがありますが、こく一部です。

何がいいたいかというと、プロスポーツ業界で働くことができる人は、ごくわずかにすぎません。

それなのに、スポーツビジネス科というのは、プロスポーツをベースにした講座が多いのが現状です。それって、受講者のためになっているのでしょうか?

もし、私が講師だったら・・・・

プロスポーツ業界で働くことができる人は、ごくわずかなのに、
講座料数十万を払ってどうするのでしょうか?

有名な講師陣を呼んでいるので、講座料が高額なのはわかりますが・・・。

受講される方にとって、有名な講師陣の話を聞いて、
「すごいなあ!!勉強になった、よくわかった、プロスポーツってすごいんだなあ」
で終わってよいのでしょうか?

そもそも、「わかるようになる」ために受講しているわけではないと思います。
「できるようになる」ために受講しているんですよね?

私だったら、実践ありきの講座にします。
小規模でよいので、スポーツイベントを開催してみる。
企画から集客、スポンサー探しから当日の運営までやってみるのです。

そうすると、机上どおりにはいかないことがわかるのです。
これってとても重要です。

そして、ゼロから行うことが重要です。
既存のスポーツイベントでもかまいませんが、ゼロから行ったほうが勉強になります。
サッカー教室、サッカー大会、野球教室、野球大会など開催してみるのです。

それは、なぜか??実践がいちばん勉強になるし、楽しいからです。
スポーツが好きな人であれば、スポーツイベントを企画・運営することはとても楽しいからです。

まとめ
現状のスポーツビジネス講座は、ほとんどの人が就職できないプロスポーツ業界のことばかりで意味がない!
スポーツビジネスを学ぶには、実践が大事!!

私がスポーツビジネスの講師をやるとしたら、こんな感じでおこないます
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです