自分で立ち上げたスポーツビジネス講座がうまくいかなかったので振り返り!!

Pocket

自分で立ち上げたスポーツビジネス講座がうまくいかなかったので振り返り!!

今回は、2017年4月にスポーツ起業家発掘養成講座を開講しようと思い、
去年から準備を進めていたのですが、結果的に予定どおり集客できず、
開講に至りませんでした。

そこで、今回は振返りをしたいと思います。

スポーツビジネス

ゼロから立ち上げてみました

スポーツビジネスを価値ある仕事にしたいという思いから、
今までにないスポーツビジネスの講座を開講しようと去年から準備をしました。

元プロ野球選手を事前説明会

知り合いを通じて、元プロ野球選手の方をご紹介していただき、
事前説明会の際に、お話をしていただきました。

よかった点としては、講座の信頼度が高まりました。
元プロ野球選手に応援していただいたので、たいへんありがたかったです。

ただし、事前説明会に来られた方々は大半が、この選手のファンで、
この選手に会いたいがためにこられた感がありました。
これは仕方ないですね。

補助金を取得

スポーツビジネス界の人材育成ということで、
補助金の申請をし、無事採択を受けました。
対象年月は、2017年の秋ごろに開講する予定として
申請したのですが、内容を精査する上で採択を受けたのですが、
補助金廃止申請をすることにしました。
採択をされたということは、事業として認めらられたということになりますので、
自信になりました。

スポーツ関連サイトへのバナー広告掲載

集客を目的にスポーツ関連サイトにバナー広告を掲載しました。
ですが、あまり効果がありませんでした。

ビジネス講座はどのように集客するべきか?

現在でもスポーツビジネス講座は、あちこちで開講していますが、
すばらしい実績のある方々が講師陣であることや、有名な会社が講座を開講していることもあって、私のような無名でスポーツ界といっても小さい小さい会社を経営しているものが、
講座を開講しようとしてもどうしても集客に苦戦してしまいます。

今回、チャレンジしてみて改めて集客の重要性を知ることになりました。

どんなにすばらしいサービスであったとしても必要としている人に
適切な手段で伝えないとまったく意味がないわけです。

当たり前のことです。

正直なところ、他力に頼ってしまっていた自分がいました。
元プロ野球選手とスポーツ関連サイトへのバナー広告やメルマガで、
ある程度は集客はできるかと思っていました。

確かに、事前説明会には、1回10名程度で合計3回30名ほど集まりましたし、
アンケート結果からも受講すると答えた人が3割ほどいました。

では、今後についてです。

内容も大切ですが、とにかく集客をどうするか?
これが今後の課題になります。

前回は、開催日を水曜の夜で場所は都内としたのですが、
場所と時間も見直したほうがよいかもしれません。
鎌倉で週末というのはどうでしょうか。

ターゲット層もスポーツビジネス講座ということで、スポーツに関心のある人を対象にしたのですが、対象者も広げてみてはどうでしょうか。

あとは、他の講座とどのように差別化をはかるか?

一つは、受講後の特典ですね。
弊社のビジネスパートナーとして実際に仕事ができることを特典にしたのですが、
ちょっとハードルが高かったのかもしれませんね。
見直しましょう。

新しいことをゼロから模索することは楽ではないですが・・・。

すべてが自分の思い通りにいくなんてことはありません。
どんな経営者でもいろいろな壁にむかって立ち向かうエネルギーが必要です。
では、どうしたら立ち向かえるのか?

結局は、楽しいからです。

私は、スポーツを仕事にすることが楽しいから自分で事業をしていますので、
スポーツビジネス講座を立ち上げるわけですから楽しくないはずはありません。

ただ、今回は予定どおりには進みませんでしたので、立て直しが必要です。

これまでにも数十万円のコストがかかっていますが、
これはすべて自己責任です。

自分がコントロールできる分、費用を背負うのは当然です。

これば好きなことを仕事にしている人にとって、
良くも悪くも特権ですね。

さ、楽しむぞ!!

自分で立ち上げたスポーツビジネス講座がうまくいかなかったので振り返り!!
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです