好きなことを仕事にしていると思ったのに、この一言にびっくり!!

Pocket

好きなことを仕事にしていると思ったのに、この一言にびっくり!!

世の中には、いろいろな仕事がありますが、特にスポーツ業界は特殊です。
今回は、スポーツ業界の取引先との会話をご紹介します。

好きなことを仕事にしていると思ったのに、まさかこんな一言がでるなんて、
びっくりしたというエピソードです。

N112_sonnabakana_TP_V

弊社には、たまーにスポーツビジネスに関心のある方から問い合わせがあり、
話を聞きたいと言われることがあります。
私は、基本来る者拒まず、逃げるもの追わず精神なので、だいたい会うようにしています。

今回は、大学院生でいろいろ熱心だったので、
仕事を少し手伝ってもらうようになりました。

そして、せっかくだから近く打合せがあるので、一緒に同行してもらうことにしたのです。

打合せの場なんて、貴重な経験ですし勉強になると思ったんです。

打合せ先は、スポーツ関連の会社で、規模こそそれほど大きくないですが、
業界では知らない人がいない有名な会社です。

そこで、インターン制という肩書で大学院生を紹介したときのことです。

私「今日、インターン制を連れてきたので、同席させてもらっていいですか?」
取引先「いいですよ!」

大学院生「よろしくお願いします!」

取引先「よろしく!」

取引先の人は、いつも仕事を熱心に取り組み、こちらの要望も聞いていただける
とてもよい方で、気さくにいつもいろいろとお話させてもらっているので、

このときも雑談で、大学院生に

私「この会社の就活してみたら?」と話したときに、

衝撃の一言が取引先の人からありました。

取引先「この会社はおすすめしませんよ!!」

えーーーーー!
でした。

好きなことを仕事にしていると思ったのに!!

確かに、この会社の事務所を見ると、みんな覇気がないんですよね。
てっきり、好きなスポーツを仕事にしているのかもしれませんが、
こう組織になると、なかなか難しいのかもしれませんね。

それは、人間関係だったり、給与だったり、仕事内容だったり。。。、

会社組織になると、どうしてもいろいろなストレスが押し寄せてきます。
本当に好きなスポーツを仕事にしていても、乗り越えられないで、
辞めていく人も多いのです。

私は、いくらスポーツが好きだからといって、
スポーツ業界、スポーツ関連会社には就職しません。

極端な例ですが、
今の収入の3倍払うからとスポーツ関連会社からスカウトされても行きません。
※3倍でスカウトされる人材にはなりたいですけどね(笑)

理由は2つ!

1つは、給与に見合った仕事をしなくてはいけない

今の収入の3倍払うということはそれなりの成果が期待されます。
そうなると、お金のために売上のためにだけに仕事をしなくてはいけないので、
それは私にはできません。

2つめは、スポーツを仕事にする際に、組織に属したかたちで仕事をしたくない

今でも委託を受けて仕事をしていますが、属するといろいろとやっかいなことが起きることも
わかっていますし、そういうことにエネルギーを注ぎたくないんですよね。

これから、好きなことを仕事にしょうと思っている方へ

本当に本当に好きなことを仕事にしたければ、自分で仕事を生み出し、自分でコントールできる範囲内でできる仕事がオススメですよ!

好きなことを仕事にしていると思ったのに、この一言にびっくり!!
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです