創業セミナーに来る人ってどういう人か考えてみました

Pocket

創業セミナーに来る人ってどういう人か考えてみました

好きなことを仕事に

先日、神奈川産業振興センター主催の創業セミナーのお手伝いに行きました。

タイトルは、

創業チャレンジセミナー「やりたい仕事は自分でつくる」
たった一度の人生、自分の得意を活かして好きな仕事をしたい!

対象者は、創業を考えている人!!と思ったのですが、
冒頭にコーディネーターの方が
「みなさんの中で創業を考えている方?」と質問したところ、ゼロ!!
(ま、手を上げにくいというのもあるかと思いますが・・・)

ということで、今回は、
創業セミナーに来る人ってどういう人なのかを考えてみました。

今回のセミナーは、
公益財団法人が主催しているということで、参加費は無料でした。

参加人数は、30名ほど。
年齢はそうですね~。だいたい40代から50代が中心で、中には70代の方がいらっしゃいました。
男女比は、9割くらいは男性でした。

まあ、大人しい!!

行政の創業セミナーは、無料が一般的なので、
参加される方のモチベーションもそれほど高くないわけですが、
まあ、大人しい!!

私としては、
平日の昼間にわざわざお越しいただいているわけですから、
何か持ち帰ってほしい!!
「わかる」ではなく、「できる」ようになってほしい!
そう思い、パワポで資料を作り、準備しました。

私なら創業セミナーに参加しない!!

そもそも私は、創業セミナーには参加したことがありません。

あちこちで創業セミナーや起業セミナーが無料だったり有料だったりして、
開催していますが、
こういったところに来る方は、まず99%、起業しません。

おそらくあちこちの創業・起業セミナーに行っては、何も行動しないのが一般的です。

わかった気になって終わるんですよね。

一般に創業セミナーは、事業計画書の書き方とか借入方法とか実務作業に関することを
伝えることが中心です。

特に行政の創業セミナーは、ちょっと古い体質が残っているのが残念です。
いまどき、借入方法なんて話しても、銀行から借り入れて起業する時代ではありません。
確かに、店舗を構えたりする場合は、借入するかもしれませんが、
クラウドファンディングだってあるし、スタートから数百万円も借金したら、
楽しくないし、たいへんです!!

まだまだ、起業する=リスク(大きな借金)みたいなイメージといいいますか、
そうすることが当たり前だと当たり前のように思っている人がけっこういるんです。

これから好きなことを仕事にしていこうと思っている方、
安心してください。
そんなことないですからね!

そんな創業セミナーに参加しても、実際に創業する人なんてほとんどいない。
そもそも、創業する、起業する人は、セミナーには参加せずに、
すでに事業に直結する行動をしています。

そもそも、なんのためにセミナーに参加しているのか?
平日の15時からですからね。

質問を受付けても特にないですし・・・・。

なんとなく、起業したいなあ!!って感じで参加しているんですかね。
それが好きなことなんだったら、行動すればいいわけで・・。
でもどうやってよいかわからないわけで・・・。
だから、創業セミナーに参加するわけで・・・。

机上では、「わかる」ようにはなるかもしれませんが、
「できる」ようには絶対になりません。

それは、トライ&エラー、つまりどんな仕事も実践しないとできるようにはなりません。

私がもしセミナーに参加するとしたら・・・

私が、独立前で創業セミナーに参加したとしたら、
ゲストスピーカーと名刺交換して仲良くなりますね。
そして、いろいろと情報を入手します。

これに限ります。

ま、参加はしないですが・・・・。

というわけで、
創業セミナーにいこうと思っている方、
ちゃんと目的をもって参加しましょうね!

創業セミナーに来る人ってどういう人か考えてみました
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです