地域活性化の事例をご紹介Ver1 その4

Pocket

イベントを開催するにはどうしたらよいでしょうか?

dsc01797

今回は、ある地域(以後A地域)でロゲイニングを開催した結果をご紹介いたします。

ロゲイニングとは、オリエンテーリングをアレンジした屋外で行うスポーツです。

観光ロゲイニング

これから、イベントを開催する予定の方は参考にしてみてくださいね。

今回は、パート3として、共同開催の場合の役割分担についてです。
パート1はこちら(お互いの立ち位置)
http://the-spobu.com/event-hold-1

パート2はこちら(共同開催について)
http://the-spobu.com/event-hold-2

パート3はこちら(餅は餅屋)
http://the-spobu.com/event-hold-3

今回は、ロゲイニングを開催した収支結果をご紹介いたします。
これをご覧いただき、地域活性化とはいえ、お金の重要性がわかっていただけると思います。

では、まずは収入です。今回は、スポンサーからの資金提供がないのですべて参加費からまかなうことになっています。

大人参加費は3000円 小学生以下が無料

大人3000円×25名=75000円・・・収入

次に支出です。

ポータルサイトで告知したのでシステム手数料や代行手数料がかかりました。
8154円

よって、収支=75000円ー8154円=66846円

以上となります。

ええええ!!簡単すぎ!!

そんなわけがないですよね。その他の費用は、A団体と弊社の持ち出しなんです。

A団体が何にどれくらい費用をかけたのかは実際のところ不明ですが、わかる範囲で書き出してみましょう!!

1.会場代

イベントを行う上でいちばん最初に準備をしなくてはいけないのが、会場の確保です。100名以上の会場となると、半年から1年前に予約ができます。自治体などの施設は安価なので人気がありますので、抽選の場合が多いです。

今回は、市が後援についていただいたので、市役所の150名くらい入れる会議室を無料でお借りすることができました。
参考までに、自治体管理の施設だと30000円~50000円くらい、民間施設だと1時間10000円以上はかかります。

2.宣伝広告費

チラシの印刷代です。こちらはA団体は数千枚配布したそうですが実際の数字はわかりません。
5000枚としても1枚3円くらいとして約15000円くらいとしておきましょう。

デザインは、知り合いに頼んで安価に行ってもらえれば、2,3万円でお願いできますが、
知り合いに頼んだとして計上はなしとします。
ちなみに、プロのデザインナーに依頼すると、A41枚50000円~100000円はかかります。

3.地図印刷代

こちらは、弊社が担当してます。A3カラー裏表100枚で約3000円です。
ネット印刷は最近本当に安価になりました。

4.景品代及び参加賞

A団体が地元企業に協力を依頼していたので、これは無料だと推定します。

参考までに弊社が自社開催する場合は、5万円~10万円ほどの景品代及び参加賞がかかります。

以上が主な費用です。今回の場合は、チラシ印刷代と地図印刷代であわせて20000円くらいでしょうか?

なので、66846円-20000円=46846円の黒字です。
んん、あなたは何か計上する項目が足りていないと思いませんか?

スポーツビジネスを考える

そうです。人件費です。

この中にはまったく人件費が考慮されていません。では、ざっくり書き出してみましょう。

■事前打合せ
5,6回は、この市にいきました。
1回あたりの交通費が往復1300円移動時間往復2時間
打合せ時間は、2時間

合計4.0人日
交通費は細かいので、今回は計上しません。

■チェックポイント洗い出し
ロゲイニングは、チェックポイントの写真を撮影するスポーツなので現地へ行って撮影する必要があります。まずはそのチェックポイントをどこにするか下調べをします。
経験からすると、1人日はかかります。

■現地調査
事前にあらいだした場所を現地で撮影してきます。2人日はかかります。

■地図及びチェックポイント一覧作成現地調査した情報をもとに地図と一覧を作成します。これは3人日はかかります。

■チラシ配布コスト
数千枚ですと業者に依頼することになります。だいたい1件10円程度でしょう。
そうなると5000枚ですと50000円程度でしょうか。

■現地調整
スポンサーや市役所との調整でA団体は時間を要しています。実際にどれくらい時間をかけたかは不明ですが、3人日程度にしておきましょう。

■当日
イベントは、当日1日かかります。時間にして6時間~8時間。1人日です。2人だったので、2人日

ざっと人件費はこれくらいかかります。合計すると、15人日と50000円
ここでは、計算しやすいように、時給1000円として考え、1人日=7.5時間=7500円。
15人日×7500=112500円
112500円+50000円=162500円
交通費はめんどうなので計算外にしますが、
ざっと安く見積もっても約160000円人件費がかかっているんです。

これをどう思いますか?

100歩譲って、黒字にならないにしても、100000円以上は、収入が不足しているんですよ。

はたしてこの状態でイベントを継続できるのでしょうか?
みなさんはどう思いますか?

私は、スポーツビジネスを価値ある職業にしたい!!
これをモットーに事業をしています。

弊社の理念は
参加者、スタッフ、関係者すべての方が、
達成感・満足感・充実感を得られる機会を創造し、第3の居場所を提供する

スポーツで自己実現しませんか?

スポーツ起業家発掘養成講座

次回は、イベントを開催するには?最終話です。

地域活性化の事例をご紹介Ver1 その4
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです