ジョギングをはじめる人へ!!最初の1週間の過ごし方 | ワクワク生きることを研究するブログ

ジョギングをはじめる人へ!!最初の1週間の過ごし方

Pocket

もしあなたが、これからジョギングをはじめるとしたら、どのような準備をしているだろうか?

ジョギングに限らないが、
新しいことをはじめるときに大切なのは、最初の1週間の過ごし方である。

最初の1週間をどのように過ごすかによって、継続できるかどうかが決まる。
ぜひ参考にしてほしい。

まずはじめに、一つの例を紹介する。

ジョギング初挑戦の例

名前:メタボ フトシ
性別:男性
年齢:35歳
職種:都内に努めるサラリーマン
所得:500万
世帯規模:既婚
学歴:大卒

入社して10年。会社では営業として働き、部署ではトップの実績である。
上司にも信頼され、部下ともコミニュケーションをとり、
人間関係もしっかり築いている。
土日は、妻とともに家でのんびりすごしている

ところが、先日会社で健康診断があり、メタボ要注意と診断された。
学生時代、運動部に所属していたが、会社員になってからは仕事ばかりでまったく運動をしていない。

そこで、手軽に始められるジョギングをはじめようと決意する。

1日目

仕事を早めに終わらせスポーツ店に行き、ジョギングシューズを購入。
帰宅後、着替えてジョギングを開始。
ところが、100mほどでゼーゼーハーハーと息が苦しい。
学生時代は運動部だったこともあり、たった100mで走れなくなった自分にショックを隠せない。

 

2日目

昨日、ちょっと走っただけなのに、ふくらはぎが筋肉痛。会社の同僚と仕事後、呑みにいき、
ジョギングをしないで終わる

3日目

仕事が忙しく、帰宅が終電となる。ジョギングできず。

4日目

今日は、定時退社日ということで走る気でいたが、天気は雨。ジョギングせず。

5日目

今日も雨。ジョギングせず。

6日目

今日は、天気もよく帰宅後、ジョギング開始。1日目同様100mしか走れず。

7日目

今日は、天気もよく仕事も早く終わったが、自分にはジョギングの才能がないと感じ、
ジョギングせず。

その後、仕事が忙しいということで、ジョギング生活は終わりとなった。

いかがだろうか。これはジョギングをはじめた人のよくある挫折パターンでる。
何がいけなかったかを一つ一つ解説していく。

続かない原因をできるだけ排除

ジョギングを続ける上で最初の1週間の過ごし方はとても大切である。

人間は弱いものである。いくら意志が強い人でもいろいろな外部要因で
怠けてしまう。もちろんジョギングが誰にでも向いているスポーツとは言えないが、
出来る限り外部要因の影響を受けない環境でスタートしたほうがよい。

では、外部要因とは何かご紹介する

ポイント1:天気

まずは、天気だ。雨だから走らないというのは、走らない理由に必ず入る。
私も雨の日は、走らないことが多いが、ジョギングをはじめたばかりのあなたは、
これを避けたい。
なので、週間天気予報をみて、雨が降らない1週間を選んでジョギングをはじめてほしい。

ポイント2:仕事

仕事が忙しいからというのも、走らない理由によく言われることだ。
仕事には、繁忙期があるだろうから、比較的落ち着いた時期でストレスの少ない時期に
ジョギングをはじめたほうがよい

ポイント3:時間帯

仕事が終わってから走ろうとすると、どうしてもいろいろな外部影響を受ける。
飲み会や残業だ。
できれば、最初の1週間は出勤前にジョギングをすることをおすすめする。
理由は、外部の影響を受けにくいからだ。
いつもより30分早く寝て30分早く起きる。
帰宅後の夜は、けっこう無駄にしている時間も多い。

ポイント4:トレーニング内容

よし、走るぞ!!と気合をいれて走る気持ちはとても大切だ。
しかし、初日から走っても走れるはずがない。どんなに学生のときに運動経験があっても、
体力はおちていることを受け入れることが大切だ。
最初は、ウォーキングもしくは、早歩きくらいからスタートしてほしい。
例えば、(5分ウォーキング+5分ゆっくりジョグ)×3セットといった具合だ。
ゆっくりジョグとは、会話できるスピードで、歩いている人とかわらないスピードで走るペースだ。

こちらの挫折しない秘訣がある!ジョギングを続ける3つのコツも参考にしていただきたい。

ポイント5:回数

そして、いちばん大切なことは、
最初の1週間は、毎日運動することである。ペースなどどうでもよい。
朝起きて、着替えて外にでる。そして30分運動することだ。
運動後のごはんは格別だ。
ジョギングをはじめると、いいことばかりだ。
こちらのジョギングはダイエット以外にこんなにいいことがある10選もご覧いただきたい。

ジョギングをはじめる人へ!!最初の1週間の過ごし方
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

フォローしていただけるとたいへんうれしいです