ジョギングをはじめると実はこんなことがある8選

Pocket

あなたは、これからジョギングをはじめようと考えているなら、
最後まで読んでほしい。ジョギングはよいことばかりではない。
また、すでにジョギングをしているかたは、あるある!!と思うことだろう。

ただ、ここに書いている以上に人生がかわるほどのメリットがあることを
最初に伝えておく。

実はけっこうお金がかかる

他のスポーツと違って、ジョギングは手軽に始められるイメージがある。
シューズとウエアがあれば、はじめられるからだ。

しかし、実際にはじめてみるといろいろとお金がかかる

・シューズ
・ウエア 
・ランニングバッグ(トレイルバッグ)
・ランニング時計
・大会参加費
・イベント参加費
・移動費
・仲間とのつきあい
・通院代

ゴルフなどに比べるとそうでもないが、
ある程度の出費は覚悟しておいたほうがよい。

例えば、ジョギング専門のシューズを購入した場合は、だいたい5000円~10000円程度で、
走る量にもよるが、1年~2年程度でソールが削れてしまうので買い替える必要がある。

また、大会に参加するには、参加費がかかる

10キロマラソン 2000円~4000円
ハーフマラソン  5000円前後
フルマラソン   5000円~15000円

また、GPS時計と言って、スピード、カロリー、標高差、心拍数、位置情報などを測定できる時計がある。
価格は、10000円くらいから50000円くらいするものもある。

その他にも上記の費用がかかる。
詳しくは、ジョギングを始めると必要となる8大出費(準備中)をご覧いただきたい。

変わり者扱いされる

あなたのまわりにランニングをしている人はいるだろうか。

東京マラソンが開催されてから10年がたち、
ランニングはブームというより文化になりつつあるが、
以外とあなたのまわりでランニングしている人は少ないはずだ。

特に定期的に大会に参加している人はもっと少なくなる。

その中であなたが定期的にランニングをはじめると、
必ず言われることがある。

「何をめざしているの?」

私もはじめたころは、よく言われたものだ。

人というのは、嫉妬の塊で、他人が変わっていくことを決して喜んではくれない。
家族は例外として、あなたのまわりの人は、間違いなくあなたを変わり者扱いする。

私は、ジョギングをはじめて10年以上経ち、今となっては走ることが生業となっているが、
それでもジョギングをしていない人からは、ちょっと変わり者扱いされている。

まわりにどう思われようが、迷惑をかけていなければ自由だ。
しかし、あまり夢中になりすぎると、家族からも非難を浴びる。

故障をする

健康やダイエットのためにはじめたジョギングだが、
ほとんどのランナーは故障とつきあうことになる。

故障する原因は、下記の3つのどれかだ。

1.走り方が体に合っていない
2.走りすぎ
3.シューズが足に合っていない

ジョギング歴5年以上で競技志向の方で、ケガをしたことがないという人は、
おそらくいないだろう。

私もたびたび腸脛靭帯炎という故障にあっている。

詳しくはランナーが故障する3つの原因(準備中)をご覧いただきたい

ストレスがたまる場合がある

あなたは、ジョギングをすることで、「ストレスが発散される」とよく耳にすると思うが、
ストレスがたまることがある。

以下がストレスがたまるポイントだ。

1.タイムが思ったほどのびなくなったとき
2.走る気がないとき
3.故障したとき
4.走る時間がとれないとき
5.目標を失ったとき

ストレスがたまるくらいなら、やめればいいのではと思うかもしれないが、
ある一定の時期を超えたランナーはそれが難しくなるのだ。

毎日自分と向き合うことになる

あなたは、ジョギングを毎日にしている人は、毎日好んで走っていると思っているかもしれないが、
決してそんなことはない。

毎日、自分に問いかけながら走っているのだ。
特に競技志向の方になればなるほど、これと向き合うことになる。

2015年のマスターズ陸上で金メダルをとった、芸能人の武井壮は、毎日1時間のトレーニングをかかさない。
そんな彼に、TVの番組で、

TVスタッフ「武井さん、そんなに毎日走って、走りたくない日はないのですか?」

武井「そんなの毎日だよ。毎日走りたくないと思っているよ」

ジョギングをしている方は、この気持ちがよくわかるはずだ。

くわしくは、実は、ランナーは走りたくないと思いながら走っている!(準備中)をご覧いただきたい。

時間の確保がたいへん

1日24時間は、人間平等に与えられたものであり、時間が余っている人など
そういないはずだ。今忙しい合間のどこかにジョギングをする時間を作らなければならない。

例えば、自宅から30分のジョギングをした場合、、

着替え(5分)
ウォーミングアップ(5分)
ジョギング(30分)
クールダウン(5分)
着替え(5分)
となり、50分程度はかかる。

場合によっては、シャワーを浴びたり、移動したりすることを考えると、
1時間以上はかかる。

ただ、1日のうち、無駄に過ごしている時間はけっこうあるものだ。

食欲が増してしまう

あなたは、ジョギングをダイエット目的ではじめようと思っているかもしれないが、
そううまくいかない。
運動すると、その分消費エネルギーが増すので、その分食欲が増してしまう。
自分へのご褒美でもあるし、走った後のビールは最高だが、
人によっては、走っている量の割には、体重がかわらない場合もあるので注意が必要だ。

詳しくは、ジョギングでダイエットができないたった3つの理由をご覧いただきたい

仲間との問題

あなたは、職場と家族以外に仲間がいるだろうか。
社会人になると新しい仲間を作るのが難しくなるが、
共通の趣味をもった仲間というのは、かけがえのない存在だ。

ジョギングも同様、一緒に大会に出場したり、走ったり、食べたり、呑んだり、
これが継続する秘訣でもある。

ただし、これがときには問題になることがある。

本人は悪気はないが、ちょっとした発言や行動から、仲間に不快な思いを感じさせてしまうのだ。
これは、人が集まればどこの世界でも一緒だとは思うが、せっかく楽しい時間を過ごしているのに、
たいへん残念だ。

ジョギングをはじめると世間にはいろいろなジョギングに関する団体があることがわかる。
そういった団体に、積極的に参加して、自分にあった場所をぜひ見つけてほしい。

詳しくは、はじめてみてわかる!ジョギングに関する団体ってこんなにある(準備中)をご覧いただきたい

以上の8つだ。
すでにジョギングをしている人にとっては、「ある!ある!」と思うことだが、
これからジョギングをはじめる方には、参考にしてほしい。

ジョギングをはじめると実はこんなことがある8選
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです