起業目的で資格取得しても習得できない1つの大切なこととは

Pocket

あなたは、ビジネスを行う上でスキルアップをしようとした際は、まずはじめに関連資格を取得しようと思いませんか?
もし、そうお考えにならば、一度この記事を読んでください。
おそらく、考え方がかわると思います。

今回は、先日あったお話をご紹介いたします。

知識をつけたい

Aさんは、会社勤めの40代の女性で、週末を利用してスポーツマッサージの資格を取得して、スポーツ大会などがあった場合は、ボランティアで選手のケアなどサポートをしているそうで、ゆくゆくは、自分で開業したいと考えているそうです。

そしてこの方は、月に1,2回ほど近所の年配の方に対してマッサージケアをしており、弊社が施術場所を提供しています。

Aさん「スキルアップのために、解剖学などの勉強をしたいと思っているんですがどう思いますか?」
私「勉強することは、いいことですが、何のために勉強するのですか?」

Aさん「ベテランのマッサージ師の方はとても知識が豊富で、お客さんからの質問に対して何でも答えられるんですが、私は知識がないため、勉強しないといけないと思いまして」
私「確かに知識は必要ですね。今のお客さんはどういった方が多いのですか?」

Aさん「いわゆる大会に頻繁にでる市民アスリート以上のレベルですね」
私「でも、弊社で施術しているときは、地元の年配の方ですが、その方々も専門的な質問をしてくるのですか?」
Aさん「いや、それはほとんどないです」

私「では、どんな資格を取得しようとお考えですか?」
Aさん「柔道整復師、鍼灸師、それと介護福祉士なども将来に役立つかと」

私「資格を取得するのには、けっこう費用もかかりますが、そのあたりは大丈夫ですか?」
Aさん「それで家族とも話してちょっともめているところです」

私「将来、自分で起業したいとお考えかと思いますが、起業するうえで上記の資格は必要かと思いますか?」
Aさん「資格を取得して、今以上にスキルと知識を身につけないといけないと思います」

さて、みなさんはどう思いましたか?

資格取得にかかる費用

柔道整復師の資格を取得する費用は、3年間で400万円
理学療法士は、4年間で約500万~600万円
鍼灸師で、3年で400万~600万かかります。

そして、開業するにも500万~1000万くらいかかります。

では、これだけの大金を払い、資格を取得したからと言ってお客さんはくるのでしょうか?

知識を習得するのに、お金を払う時代ではない

「〇〇治療院」と言う名で、開業する場合は、鍼灸師や柔道整復師の資格が必要です。
ちなみに、理学療法士は「治療院」という名で開業はできませんし、民間資格である整体サロンなども、治療院という名で開業することはできません。

では、先ほどのAさんのように知識を習得するために、数百万円もかけて資格を取得する必要があるでしょうか?
私は、必要ないと思います。知識を習得するには、今はインターネットで検索すればほとんどのことが解決します。
解剖学について調べたければ、解剖学で検索すればたくさんの知識を習得できます。

資格を取得すればビジネスができるのか

では、資格を取得すれば自分のビジネスができるのでしょうか。
スポーツに関する資格は、スポーツトレーナー系やスポーツマッサージ系が主な資格ですが、
では、これらの資格を取得したからと言って、お客さんがきて自分で起業できるのでしょうか?

私は、8年前にジョギングインストラクターと言う資格を取得しましたが、あなたは、この資格をご存知ないと思います。
それでも私はビジネスをしています。それもネットビジネスではなくリアルビジネスです。

士業はどうでしょうか?
弁護士資格を取得したからと言って、仕事がもらえるわけではありません。行政書士、弁理士、税理士、司法書士、社労士も一緒です。

資格を取得すれば、がんばった証にはなりますが、あなたのお客さんにとってはどうでもよいのです。

お客さんがあなたに望んでいることは何か

さきほどのAさんを例にしましょう。
Aさんに施術を受けにくるお客さんは、何を望んでくるのでしょうか。
それは、「痛いところを治したい」ただそれだけです。

解剖学のことを聞きたいわけではないですし、専門的なことを聞きたいわけではないのです。
ただ、「治したい」だけなのです。

資格を取得することは、自己満足にすぎないのです。

ビジネスで大事なことは集客

ネットビジネスでもリアルビジネスでもいちばん大切なのは、集客です。
集客するにはどうしたらよいか、この1点です。
どんなに立派な資格をもっていても集客ができなければ、ビジネスはできません。

スポーツトレーナーの資格やスポーツマッサージの資格を取得したいために、
専門学校に行っても、集客の方法を教えてくれません。
理由は簡単です。専門学校の先生も、自身で集客をしたことがないから教えられないのです。

私は、身の丈にあった方法でゼロから集客して仕事をしています。
このページをすべてご覧いただき、ぜひその方法を学んでください。

【スポーツ×仕事=スポーツビジネス】当講座で事業の練習試合をしませんか?

スポーツビジネス

起業目的で資格取得しても習得できない1つの大切なこととは
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです