長距離を短く感じて走ることができる2つの理論と錯覚とは

Pocket

あなたは、最近1日が短く感じるなと思ってはいないだろうか?
また、見る景色によって時間の感じ方が違う経験をしたことはないだろうか?

今回はこの2点について紹介する。
このことを知っておくと、長い距離を走るときに参考になるはずだ。

まずは、心理学の面からご紹介する。

ジェネーの法則

年を重ねると、1日経つのが早いと感じる。
私自身、毎日があっという間に過ぎていく。
前向きにとれば、1日が充実しているとも言えるのだが・・・。

では、なぜ年を重ねると1日が短く感じるのか、ご存知だろうか。

例えば、50歳の人がいたとしよう。
この人にとって、1年は人生の50分の1になる。

5歳の子供にとっては、1年は人生5分の1になる。

いわゆる50歳のほうが単位時間あたりの時間が短くなるわけだ。
これをジェネーの法則という。

これをランニングに当てはめてみると、
50歳と25歳の人では、同じ時間を走っても
50歳の人のほうが25歳の人より2倍短く感じるということになる。

極端な話でいうと、
100歳の人と20歳の人では5倍感じ方が違うということになる。

充実時程錯覚とは

あなたが車などで高速道路を走っていたとする。
遠くの景色をみているときは、景色がゆっくり流れているはずだ。
反対に、ガードレースなど近くをみていると景色がはやく流れるはずだ。

このときの時間の感じ方はどうなっているだろうか。
余談であるが、私は車酔いをするので、あまり近くばかりみていると酔ってしまう。

充実時程錯覚というのは、
目からはいってくる情報量が多いと、実際の時間より長く感じ、
目からはいってくる情報量が少ないと、実際の時間より短く感じることをいう。

上記の例でいうと、同じ時間をかけて移動する際、車高の高い車で遠くをみて、
目にはいってくる情報を少なくすることで、短く感じるということになる。

次に錯覚という面からご紹介する。

時間の感じ方は錯覚?

年を重ねると、一つのことを行うにも思った以上に時間がかかってしまう。
例えば、5分くらいでできると思っていたことが、実際は10分くらいかかってしまえば、2倍時間が短く感じるのだ。
これは、身体機能の低下であり、仕方ないことで、錯覚の一つであると言える。

また、子供のときは、新しいことが毎日起きていたはずだ。
遊びだったり、勉強だったり、遠足だったり、修学旅行だったり、イベント盛りだくさんだ。
待ち遠しいと思う気持ちが、時間を長く感じさせていたのだ。
あんたも修学旅行が待ち遠しかった経験があるはずだ。

一方、大人になると単調な生活が続く。平日となれば、朝起きて、会社に行き、夜帰宅し就寝。
新しいことなどそれほどなく、単調な生活が続き、待ち遠しいことがないので、時間を短く感じさせているのだ。

仕事の時間と遊びの時間

あなたは、仕事をしている時間は、どのように感じているだろうか。
私が会社勤めのときは、一日がほんとに長かったことを覚えている。

反対に楽しい時を過ごしているときは、あっという間に時間が過ぎる。

フルマラソンで短く感じるには?

では、上記をふまえて、フルマラソンを考えてみたい。

フルマラソンは、本当に長く感じるときがある。
まだ、10キロかあ。やっと半分かあ。
あっという間に終わったらいいものだ。
フルマラソンで実際は4時間だったとして、2時間程度の感覚で走れたらうれしいはずだ。

まず、ジェネーの法則から、年を重ねれば重ねるほど、感じる時間が短くなるので、
年齢を重ねても元気にランニングを続けてほしい。25歳より50歳の場合は、2倍短く感じるはずだ。

そして、充実時程錯覚を利用して、近くの景色より遠くの景色をみて走るようにする。
できるだけ、目からはいってくる情報量が少ないほどいいわけだ。
前のランナーだけをずっとみているのも一つの方法だ。
(男性の方、前を走る女性の後ろ姿をジっとみて、変な勘違いをされないように!!)

おそらく、仲間と走ると楽に感じるときがあるのは、この充実時程錯覚の影響かもしれない。

そしてなにより、楽しむことだ。
私は調子がいいときは、30キロまでがあっという間に過ぎたことを覚えている。
いい記録を出すには、まだ30キロかと思うかもう30キロかと思うかは大きな違いになる。

フルマラソンは、メンタルのスポーツなので、これに限った話ではなく、
年を重ねると人生経験からメンタルが鍛えられ、苦痛に強い!?なんてこともあるかもしれない。

「年を重ねてもランニングを楽しむ」これが一番だ!

長距離を短く感じて走ることができる2つの理論と錯覚とは
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです