2013年2月24日第7回東京マラソンの完走記

Pocket

あなたは、東京マラソンを走られる予定でしょうか?

ランニングをはじめて、6年半、やっとサブスリーを達成することができました。
場所は、2013年の第7回東京マラソンです。
当日の日記を掲載いたしますので、ぜひ参考にしてください。

東京マラソン2013ご報告

2013年2月24日(日)天気は晴れ、気温5度、風5m以上の天候のもと、
第7回東京マラソン2013が開催されました。

今回は、私の当日の様子をまとめましたのでご報告いたします。

レース前

当日朝、5時起床。めずらしく途中起きることなく、めざめのよい朝でした。
5時30分に家をでてコンビニでおにぎりを2つ購入。

鎌倉駅5時51分の電車に乗りました。
大船駅で新宿ラインに乗り換え乗車。今回は足を温存するために、グリーン車にすることにしました。

電車の中でおにぎりを一つ食べ、新宿に7時前に到着。
このときは、いつもと違い、だいぶ満腹感がありました。前日に食べ放題で炭水化物を摂取したことがよかったのかもしれません。

トイレに行き、着替えをすまし、荷物を渡し、スタートブロックに1時間前である8時10分に並びました。
そのためだいぶ前のほうに並ぶことができました。

45リッターのごみ袋を着て寒さをしのぎましたが、それでも1時間待つのは寒かったです。
この1時間の間、ひたすら大腿部をマッサージし続けました。

私の場合、しっかりストレッチをやらないと後半痙攣をおこすことがわかってきました。
今回、このマッサージがよかったと思っています。

いよいよスタート

そして、9時10分、スタートしました。スタートロスも14秒とよいスタートです。
このあたりに並んでいるランナーは、とにかく前に行きたい人とファンランの人とのギャップがはげしく、
最初の1キロは肘ウチを何度もされました。

今回のペース配分は、5キロ21分で30キロまではがんばる。それ以降は気合という設定です。
いよいよ3時間の戦いがスタートです。

2年前のペースと比較してみました。
前回は、第5回大会の東京マラソンです。

05キロ
今回:20分43秒  -1分12秒
前回:21分55秒

最初の6キロは下り基調なので、この区間は20分30秒くらいになることは想定していました。
とても気持ちよいスタートです。感覚としては、どこまでも走れるようなそんな気分でした。
ちょっと軽すぎるかなぁ。
1キロ地点から応援もものすごく、走れることに感謝とこれからの3時間に対する不安と楽しみが交錯していました。

そんな中、ニシさーん!!と黄色い声援が!!
らんこよメンバー、爆走娘福田さんから、最初のカツをいれられました。

こりやあ、気合がはいらないわけありません。
この後もたくさんのらんこよメンバーから声援をいただきました。
ありがとうございました。

10キロ
今回:41分33秒(20分50秒)ー1分08秒
前回:42分41秒(20分45秒)

皇居沿いを走り、順調に進みます。
このあたりになると、同じペースの人がまわりにいるので、ペースをつかむのが楽でしたが
風が強かったです。給水所のコップも飛んでしまうほどでした。

ペースも予定どおり、21分前後をキープし、順調でした。


15キロ
今回:1時間02分21秒(20分48秒)ー1分24秒
前回:1時間03分45秒(21分04秒)

品川をめざす直線。ここも強風でしたが沿道の応援がたいへん力になりました。
反対車線から、トップ選手がきました。まだ20名以上の集団でした。

ペースも落ち着いてきました。しっかり21分をキープ。足も問題ありません。
なんか調子がいいそ!!っていつもこのあたりは思うわけですが、まだまだこれからです。

20キロ
今回:1時間23分30秒(21分09秒)ー1分29秒
前回:1時間24分59秒(21分13秒)

相変わらず、風が強いですが、まわりのランナーにしっかりついていきました。
ちょっとペースが落ちましたが、許容範囲です。

ハーフも1時間27分台で通過。さてそろそろ疲れがたまるころですが、
やはり沿道の応援、らんこよメンバーからの応援で、元気に走れました。

つらくないつらくない!!と脳をだまし続けます。
前の人についていこう!!そんな気分でした。

25キロ
今回:1時間44分45秒(21分15秒)ー1分13秒
前回:1時間45分58秒(20分59秒)

トップランナーとすれ違い、元気をもらいます。
ここまでほぼ、予定通りのペースできていますが、やはり疲れがでてきました。

途中、水分をとり、気を取り直して前のランナーについていきます。
銀座周辺の応援がすごかったです。

30キロ
今回:2時間06分15秒(21分30秒)-1分22秒
前回:2時間07分37秒(21分38秒)

さていよいよ30キロ地点です。予定どおり、2時間6分台で通過です。
30キロ通過タイムは、2年前と比べて1分22秒はやいペースです。

いつもですと、このあたりで足にきますが、まだまだ元気です。
声援にもこたえて、気合注入です。ここからがマラソン!!
まだまだ疲れてないぞ!!と脳をだまし続きます。

35キロ
今回:2時間27分52秒(21分37秒)ー1分39秒
前回:2時間29分31秒(21分54秒)

いつもこの30キロ~35キロでペースダウンするのですが、
なんとか許容範囲でクリアです。

前回もここのがんばりが後半を左右しましたので、今回もここがポイント区間と考えていました。
足も重くなってきましたが、まだまだいけそうです。前方のランナーを追い抜く数も増えてきました。

さてここからは、計画など意味がないエリアです。
とにかく、大幅なペースダウンをしないようにまわりのランナーについていきます。

何が起こってもおかしくない時間帯で、マラソンの醍醐味でもあります。
な~んて、振り返ると言えますが、実際はそんなこと考える余裕はありませんでした。

とにかく、時計とのにらめっこです。
ラスト5キロを何分で走ればいいんだろう。

キロ5分くらい??いや、キロ4分30秒かぁ。
油断はできないけど、なんとか大丈夫かなぁ。

ラスト4キロを何分で走ればいいのかなあ。
4キロなんていつもならすぐすぐ、大丈夫だ!!

通過するたびに、いろいろなことを考えてばかりいました。
余計に消耗したかもしれませんね。

このあたりで、サブ3いけるかもとおもいはじめました。
いや、冷静に冷静に・・・・・。まだまだ地獄が待っているぞ!!

40キロ
今回:2時間49分59秒(22分07秒)ー2分26秒
前回:2時間52分25秒(22分53秒)

40キロ地点を2時間50分00秒以内で通過すれば、サブスリーいけると考えはじめました。
そうしたところ、2時間49分59秒で通過です。

これはあとからみたタイムですが、正直あまり時計をみる余裕がありませんでした。
このあたりはアップダウンが多く、足もいっぱいいっぱいでした。

らんこよメンバーの声援、沿道の声援をエネルギーにがんばりました。
ラスト2.195キロをキロ4分30秒でいける!!自分にかつをいれました。

40キロ地点で80%いけるぞ!!と思いました。
いや、いかねば!!ってほんとにいけるのか。
ふくらはぎが悲鳴をあげてきたぞ!!前回このあたりで攣ったよなあ。

ラスト300m!!3時間いけますよ!!
沿道から聞こえました。私の周辺はサブスリーギリギリのランナーばかりで、みんな必死です。

ビッグサイトの脇にでて、最後のコーナーをまわった段階で、2時間58分台をカウントしてました。
こりゃいけるのか!!ほんとにいけるのか!!ほんとにいけるぞ!!いやいかねば!!

最後の直線で100%確信しました!!
やったぞ!!初サブちゃん!!
ゴール!!!

まだ時計は、2時間台を指していました。

ゴール後、私より年配の方が、大泣きしていました。
泣くなよ!!と仲間に言われていましたが、
私もついついもらっちゃいました。最高の瞬間です。

ゴール:2時間59分27秒 -2分59秒
前回: 3時間02分26秒

感想

正直、当日をむかえるのが憂鬱でした。
一応、インストラクターの端くれとして活動しているわけですが、それなりの走力があって当然という目でみられるわけです。
3時間20分くらいだと、「ニシさん、調子悪いの??」って・・・。

ここ最近のレースをみても、ふがいない成績が続いており、2年前の東京M以来、更新できていません。
イベントをおこなっていると、なかなか自分の練習ができないわけですが、そんなのは言い訳にすぎません。

なんとか、結果を出さないと・・・。
マラソンはタイムがすべてではありませんが、タイムをめざすのもマラソンです。

そんな心境の中、走ったわけですが・・・・。
らんこよメンバーの方が、応援していただいていると思うと、
みっともない走りはできません。これがいい緊張感だったのかもしれません。

今回、目標が達成できたのは、らんこよメンバーのおかげです。
当日の沿道の声援は当然ですが、facebook上でのみなさんのがんばっているコメントをみると、
いつも元気をもらってばかりいました。

特に、らんこよ女性陣はすごい!!
また、純粋にランニングを楽しんでいますよね。ほんとすばらしい方ばかりです。

私がみなさんに元気をあたえないといかん!!
ラスト2キロはそんな気持ちで走りました。

これで、グランドスラマーのスタート地点にたてました。
私も次なる目標にむかっていきますので、みなさんも一緒にがんばっていきましょう!!

最後に
東京マラソンの大会関係者の方々、ボランティアスタッフの方々、
沿道で声援をくださった方々に対して、御礼を申し上げます。
本当にすばらしい大会をありがとうございます。

そして、健康な体に育ててくれた両親に感謝!!!

当日を振り返って

これが、当日の日記です。
振り返って読んでみると、当時のことを思い出します。

特に、ゴール後に泣きじゃくっていた50代と思われる男性は、印象的です。
おそらく、いろいろなことを犠牲にして練習に取り組んできたはずです。

サブスリーランナーの人は、おそらくまわりもの人から、変わり者扱いされることはよくあるはずです。
それくらい、生活の中で優先順位を高めないとたどり着けない領域です。

私は、陸上経験がなく、ジョギングのインストラクターの資格をとり、
事業をとして活動をしているわけですが、
お客様からみたら走れて当然です。そんな、プレッシャーの中、結果を残すことができました。

サブスリーは、やはりチャレンジするだけの価値がそこにはあります。

下記もぜひご覧ください。

2007年3月18日第1回湘南国際マラソンの完走記(3時間36分)

2008年2月17日第2回東京マラソン(3時間08分)

2011年2月27日第5回東京マラソンの完走記(3時間02分)

2013年2月24日第7回東京マラソンの完走記
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです