地域おこし協力隊の制度とは?面接はどうなの?

Pocket

地域おこし協力隊の制度とは?面接はどうなの?

あなたは、地域おこし協力隊とはどんなものなのか、ご存知ですか?
私は、去年知り、いくつかエントリーをしてみましたが、
どれも落選です。
ま、ご縁がなかったのでしょう。今でも懲りずにエントリーしています!

そこで、面接は、どのようなものなのか、
そして、各自治体の対応はどうたったのか、
体験談をご紹介いたします。

目次
1.はじめに
2.地域おこし協力隊とは?
3.求められる人材とは?
4.面接時に聞かれることとは?
5.まとめ

1.はじめに

私は、スポーツを仕事にしています。
私は、会社員として15年、個人事業として2年、
そして株式会社として2017年4月は4期目をむかえています。
詳しくは、

はじめまして!!

そんな私がなぜ地域おこし協力隊に興味をもったのか?
それは、スポーツというツールがきっと地域活性化に役立つと思ったからです。

スポーツで地域を盛り上げたいという自治体があるのではないか?
そういう自治体があれば、私の経験がいかせるのでは?

そう考えたのです。

そこで、去年(2016年)からスポーツに関心のある地域や
私が興味をもった地域にエントリーを開始したわけです。

2.地域おこし協力隊とは?

そもそも地域おこし協力隊とは何か?

総務省が、地方公共団体(行政)に予算を出し、
過疎地域を盛り上げる人材を募集し、ゆくゆくは定住してもらうための取組です。

予算は、地域おこし協力隊1人あたり400万円。
実際に、地域おこし協力隊員に支払われるのは、月15万円前後で、
その他に、住居費や活動に使用するための車などが支給される地域があります。

詳しくは、こちらをご覧ください。

3.求められる人材とは?

どこの地域もそれぞれ共通している部分がありますので、
それをご紹介します。

3-1.パソコンスキル

パソコン

基本的にエクセルやワード、パワポ程度は使える必要があるでしょう。

3-2.SNSやホームページ制作

情報発信する必要があるので、FacebookやTwitter、
インスタなどのSNSやホームページを作成できるとよいみたいです。

3-3.普通自動車の免許

公共の交通手段が都会ほど充実していないので、移動手段として車は必要ですね。

上記の3つはどこの地域でも必要なスキルのようです。
スキルと言ってもどの程度なのかということですが、
例えばパソコンスキルに関しては、通常業務、いわゆる書類のやりとりや
基本書類が作れれば問題ないと思います。

SNSに関しては、
すでにFBページやFBグループなど立ち上げたことがあれば
問題ないのではと思います。

4.面接時に聞かれることとは?

いくつか面接を受けたときの様子をご紹介します。

4-1.面接方法

面接時に来られる方々は、地域によりますが、
だいたい下記の方々でした。

・行政職員
・町内会会長
・町(村)会議員

面接は複数名で行います。時間にして15分~30分程度でした。
服装ですが、私はジャケットでした。
スーツにネクタイではなく大丈夫だと思います。

4-2.聞かれることは?

まずは自己紹介です。現在どのようなことをしているのか?
その後、下記を聞かれます。

・なぜ、この地域を選んだのか?
・何がしたいのか?
・任期終了後はどうするのか?

この3点ですね。
このあたりは確実に聞かれますので、まとめておいたほうがよいでしょう。

5.まとめ

地域おこし協力隊について、基本的なことをまとめました。
地域を活性化させるための取組ではありますが、
地域によっては、考え方が様々なようです。

そこで、下記では、実際に面接をして感じたことをご紹介します。

地域おこし協力隊の制度とは?面接はどうなの?
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです