ノマドワーカー?フリーランス?その違いとは?

Pocket

ノマドワーカー?フリーランス?その違いとは?

ノマド

あなたは、ノマドワーカーとフリーランスの違いはわかりますか?

今回は、私自身がノマドワーカーなのかフリーランスなのか、
どちらに該当するのか、自分自身を例に調べてみました。

目次
1.ノマドワーカーとは?
2.フリーランスとは?
3.ノマドワーカー=フリーランスではない?
4.フリーランサーの人口が1122万人?
5.ノマドフリーランサーという生き方

1.ノマドワーカーとは?

ノマドワーカーとは、英語で遊牧民(nomad)の意味です。
決まった場所で働くわけではなく、遊牧民のように
移動して、様々な場所で働くワークスタイルのことですね。

自分に当てはめてみると、
私も、事務所はありますが、あちこちの喫茶店で仕事をしたり、
打合せをしたりしているので、ノマドワーカーということになりますね。
パソコンとネット環境があればどこでも仕事ができる時代とは便利です。
通勤時間がもったいないですからね。

2.フリーランスとは?

フリーランスとは、特定の企業に属さないで、
独立した個人事業主もしくは、個人法人を指します。

自分に当てはめてみると、
私も、特定の企業に属していません。
1人会社(個人法人)なのでフリーランスに該当しますね。

3.ノマドワーカー=フリーランスではない?

ノマドワーカーとフリーランスって一見似たようなものに思いますが、
ちょっと違うようですね。
ノマドワーカーとは、働くスタイルで、
フリーランスは、契約形態といったところでしょうか。

なので、私の場合、どちらとも該当するので
ノマドフリーランサーってとこでしょうか。

4.フリーランサーの人口が1122万人?

ついでにフリーランサーってどれくらいいるのでしょうか?
ランサーズ株式会社によると、2017年版として、国内フリーランス人口は推計1122万人に達すると発表しています。
日本人の10名に1人がフリーランサーってことでしょうか。
子供は働かないとして、生産年齢(15歳~64歳)人口は約7500万人なので、
生産年齢のうち、7人に1人は、フリーランサーってことになります。
ほんとにそんなにいるのでしょうか?

フリーランスといっても、広義のフリーランスとして、4つのカテゴリーがあると
ランサーズ株式会社はまとめています。

4-1.副業系

本業がある傍ら、週末だけ小遣い稼ぎの人ですね。

4-2.複業系

一般にいうフリーター!複数の仕事を掛け持ちしながらおこなっている人ですね。
昼はコンビニ、夜は居酒屋などなど。

4-3.自由業系

こちらは、主婦などが子育ての合間に趣味をいかして働くスタイルですね。

4-4.独立オーナー系

こちらは、自営業の方で、独立して働いている人ですね。
私がこれに該当するのかなあ

5.ノマドフリーランサーという生き方

勝手に名づけたノマドフリーランサー!
私は、これに該当します。
いわゆる雇われない生き方というものです。

ロボットやらAIやら言われている世の中、
決して独立することがすべてではありませんが、
私のような仕事スタイルって今後増えてくるでしょう。

でも決して楽ではありません。楽しいですけどね。

会社員という生き方を否定するつもりはありません。
私も会社員15年ほど経験しましたが、適用できなかっただけですからね。

ノマドワーカー?フリーランス?その違いとは?
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです