【鎌倉観光散策ミステリーその3】鎌倉幕府滅亡との深い関係?稲村ケ崎

Pocket

江ノ電稲村ケ崎駅から、海方面に歩いていくと、七里ヶ浜海岸に到着します。
そこに稲村ケ崎があります。稲村ケ崎と言えば、稲村ジェーンが有名で、
ここからみる江ノ島の景色は、最高です。

今回の鎌倉観光散策ミステリーは、この稲村ケ崎についてご紹介します。

鎌倉幕府滅亡と深ーい関係があるんです。

目次
1.稲村ケ崎の場所
2.稲村ケ崎について
3.伝説ミステリーその1:黄金の刀説
4.伝説ミステリーその2:怨霊説
5.まとめ

1.稲村ケ崎の場所

まずは、どこにあるか確認しましょう。

JR鎌倉駅と藤沢駅を結ぶ、江ノ電駅稲村ケ崎から海に向かっていけば、徒歩数分のところにあります。
今回は、特に迷うことないので、ルートは省略しますね!!

2.稲村ケ崎について

稲村ケ崎が有名になったのは、何と言っても稲村ジェーンですね。1990年に公開されたサザンの桑田さんが監督した映画です。
もう一つ有名なのが、イナムラクラシックというのをご存知ですか?
気象条件(波の高さなど)が整ったときでしか開催されないサーフィン大会で、過去に3回しか開催したことがない大会です。直近では、2013年に開催されました。

稲村ケ崎からみる江ノ島の景色は、1年を通して楽しめます。

稲村ケ崎

3.伝説ミステリーその1:黄金の刀説

この稲村ケ崎は、鎌倉幕府を滅亡させた新田義貞の伝説があります。

鎌倉を攻めるには、7つの切通しを攻めるしかなく、何度も試みますが、
突破することができませんでした。

どうしても鎌倉の要塞を突破できなかった新田義貞は、
黄金の太刀を海に投げ込んで、海の潮をひかせ、由比ヶ浜まで浅くなった海を渡り、
由比ヶ浜から侵入したと伝えられています。

黄金の太刀を投げ込んで潮が引くなんてことは考えられませんよね。

実際は、稲村ケ崎に船を止めて、夜明け前の干潮のタイミングで、
大軍を引き連れて、浅瀬を走り、由比ヶ浜から攻め込みました。

おそらく、今でいう話を盛っていると考えられますが、
それでもロマンがあっていいですよね。

4.伝説ミステリーその2:怨霊説

稲村ケ崎

源頼朝が死亡した原因の一つとも言われているのが、この稲村ケ崎です。
頼朝の妻政子の妹にの橋供養があり、その帰路の途中、
この稲村ケ崎で、安徳天皇が海の中から浮かび上がって、にらんでいたそうです。
その後、帰宅して翌年死亡したと言われています。

いわゆる怨霊で死亡したといわれているのが、この稲村ケ崎が舞台となっているのです

5.まとめ

稲村ケ崎

稲村ケ崎からの海や江ノ島の景色は最高ですが、
これを読んだあなたは、是非訪れた際は、新田義貞の石碑もご覧ください。

そして、江ノ島方面ではなく、鎌倉方面をみて、ここから鎌倉幕府の滅亡
スタート地点になったことを思い浮かべてくださいね。

【鎌倉観光散策ミステリーその3】鎌倉幕府滅亡との深い関係?稲村ケ崎
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです