好きなことを仕事にしてはいけない7つの性格(タイプ)とは? | ワクワク生きることを研究するブログ

好きなことを仕事にしてはいけない7つの性格(タイプ)とは?

Pocket

好きなことを仕事にしてはいけない7つの性格(タイプ)とは?

好きなことを仕事にしよう」とか「夢をかなえましょう」とか
ネットでもセミナーでもあちこちで書かれていますが、
そんな簡単な話しではありません。うまくいかない人のほうが圧倒的に多いのは想像つくと思います。

私はなんとか、好きなことを仕事にしていますが、良くも悪くも充実しています。
では、どういった人が好きなことを仕事にしてはいけないのか?

今回は、好きなことを仕事にしてはいけない性格(タイプ)についてご紹介します。

目次
1.今までに自分なりに一生懸命に取り組んだことが何もない
2.まじめに考えすぎることがある
3.誰にも負けないぞと思ったことがない
4.それほど好きなことで生きていこうと思っていない
5.「好きなことは何ですか」と聞かれて答えられない
6.好きなことと仕事は別だと心のどこかで思っている
7.言われたことをやっているほうが楽だと思っている
8.まとめ
 

1.今までに自分なりに一生懸命に取り組んだことが何もない

好きな仕事
 
あなたは、もし今までの人生の中で打ち込んだことがありますか?
部活でも習い事でも、趣味でもなんでもよいです。年単位で続けたことはありますか?
一つのことを一生懸命に自分なりに継続したことがないと、ちょっとしたことであきらめてしまいます。

2.まじめに考えすぎることがある

好きな仕事
まじめというのは、基本的にはよい言葉なのですが、度が過ぎると、行動ができなくなります。好きなことを仕事にするということは、周りの人とは違った発想が求められます。
ある意味不真面目なところがないと難しいかもしれません。不真面目というのは、
ときには思い切った行動ができる、なんとかなる!と開き直れるかどうかですね。

3.誰にも負けないぞと思ったことがない

好きな仕事
 
どうせ自分なんて!!と思っていては、好きなことを仕事ににできません。
自分がすることにこだわりを持っていないといけません。
人と比べるものではありませんが、時には他人と比べる気持ちくらい持っておかないと
続けることができません。

4.それほど好きなことで生きていこうと思っていない

好きな仕事
 
心の底から、好きなことで生きていこうと思っていないのであればやめたほうがよいでしょう。中途半端な気持ちでは、絶対に好きなことを仕事にできません。

5.「好きなことは何ですか」と聞かれて答えられない

好きな仕事
 
あなたは何が得意ですか?
あなたは何が好きですか?
あなたは何をしているときが社会的意義を感じ、充実していますか?
 
このような質問にバシッと答えられないのであれば、まずは答えられるように自己分析することが大切です。

6.好きなことと仕事は別だと心のどこかで思っている

好きな仕事
 
好きなことを仕事にすべきかどうか?これは、賛否あり、人それぞれだと私は思います。
ただ、好きなことを仕事にしている人は、ドキドキワクワクし、日々充実していることは間違いありません。
 
月~金曜日は働いて、土日は休んで家族と過ごす!!
こんな生活を考えているならば、好きなことを仕事にするのはあきらめましょう。
好きなことを仕事にするということは、仕事と休みの境がなくなることですからね!

7.言われたことをやっているほうが楽だと思っている

好きな仕事

好きなことを仕事にするということは、指示待ちでは絶対にうまくいきません。
行動力、決断力がないと、絶対にうまくいきません。これは当たり前ですかね。

8.まとめ

いかがでしたでしょうか?どれも当たり前のことばかりですが、
この当たり前のことができないと、絶対に好きなことで仕事はできません。

でも、好きなことを仕事にすって、そうでない人の何百倍も充実していますよ!!!
愚痴っている時間なんてないですよぉ!1
それくらい、楽しい!!けど、楽ではないです!!

好きなことを仕事にしてはいけない7つの性格(タイプ)とは?
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

フォローしていただけるとたいへんうれしいです