24時間テレビ2017チャリティーマラソンランナー、本人に伝えないわけがないよぉ | ワクワク生きることを研究するブログ

24時間テレビ2017チャリティーマラソンランナー、本人に伝えないわけがないよぉ

Pocket

24時間テレビ2017チャリティーマラソンランナー、本人に伝えないわけがないよぉ

毎年恒例の日本テレビの24時間テレビ。
40回目となる2017年は、8月26日(土)、27(日)に開催します。
そして、恒例となりましたチャリティーマラソンランナーですが、
今年は、当日までランナーを発表しないそうです。
しかも、本人にも当日まで伝えないということですが、本当でしょうか。

ということで、
今回はチャリティーマラソンランナーについて

こんなテーマでいきましょう!

目次
1.チャリティーマラソンランナーについて
2.歴代ランナーと走った距離
3.24時間100キロってどんなペース
4.それでも本人には伝えていないと危険です
5.まとめ

1.チャリティーマラソンランナーについて

チャリティーマラソンランナー

チャリティーマラソンランナーは、第15回からはじまりましたので、
今年で25回となります。
はじめてのランナーは、寛平さんです。トラブルで150キロで棄権しましたが、
翌年200キロを成し遂げました。

2.歴代ランナー&走った距離

チャリティーマラソンランナー

チャリティーマラソンランナーは、100キロを走っているかと思うとそうではないのです。
毎回、ランナーの健康状態、走力によって距離がかわってきます。
これは当然ですよね。
3か月程度のトレーニングで、徳光さんや欽ちゃんが24時間で100キロ移動させたらこれはたいへんです。

ということで、過去のランナーと走った距離をご紹介します。

1992年第15回 距離200㎞ 間寛平(43)
1993年第16回 距離200㎞ 間寛平(44)
1994年第17回 距離100㎞ ダチョウ倶楽部
1995年第18回 距離600㎞ 間寛平(46)
1996年第19回 距離100㎞ 赤井英和(37)
1997年第20回 距離100㎞ 山口達也(TOKIO)(25)
1998年第21回 距離100㎞ 森田剛(V6)(19)
1999年第22回 距離110㎞ にしきのあきら(50)
2000年第23回 距離150㎞ トミーズ雅(トミーズ)(40)
2001年第24回 距離85㎞  研ナオコ(48)
2002年第25回 距離100㎞ 西村知美(31)
2003年第26回 距離110㎞ 山田花子(28)
2004年第27回 距離100㎞ 杉田かおる(39)
2005年第28回 距離100㎞ 丸山和也(59)
2006年第29回 距離100㎞ アンガールズ(30)
2007年第30回 距離70㎞ 萩本欽一(66)
2008年第31回 距離113㎞ エド・はるみ(?)
2009年第32回 距離126.585㎞ イモトアヤコ(23)
2010年第33回 距離85㎞  はるな愛(38)
2011年第34回 距離63.2㎞ 徳光和夫(70)
2012年第35回 距離120㎞ 佐々木健介&北斗晶ファミリー
2013年第36回 距離88㎞  大島美幸(森三中)(33)
2014年第37回 距離101㎞ 城島茂(TOKIO)(43)
2015年第38回 距離100㎞ DAIGO(37)
2016年第39回 距離100.5㎞ 林家たい平(51)
2017年第40回 距離xxx

こうみると、距離は人ぞれぞれだというのがおわかりですね。
3か月のトレーニングをしながら、距離は決めるのでしょう。

寛平さんはさすがですね!
24時間で200キロというのは、普段走っているランナーでも相当たいへんです。
ついでトミーズ雅さんの150キロも立派ですね!
若さでがんばったイモトさんもすばらしいです。

欽ちゃんや徳光さんの記録もすばらしいですね。

3.24時間100キロってどんなペース

チャリティーマラソンランナー

寛平さんの24時間で200キロというのがどれだけたいへんなのか?
これは、1時間で8キロ~9キロ進まないといけません。
もちろん休憩をしますので、おそらく時速10キロ程度で走ったのではないでしょうか。
これは、普段ランニングをされている方でもビックリですよね!キロ6分で24時間ですからね!

では、24時間で100キロというのはどの程度のスピードでしょうか?
これも同様に計算すると1時間に4キロ~5キロ程度となります。
大人の歩くスピードが1時間に4キロ程度なので、歩いてもゴールできる
ということです。
ただし、休憩も相当しているので、これ以上の速度で移動しているはずです。
1時間に6キロくらいでしょうか。早歩きが小走り程度のスピードです。

4.それでも本人には伝えていないと危険です

チャリティーマラソンランナー

毎年チャリティーマラソンランナーは、
5月頃に発表されています。理由は、トレーニングをするからです。

日テレも記者会見で、
「健康第一。支障がない方法でやります」と話しています。

もし、本当に当日まで本人に伝えないとするならば、
1人で100キロ前後を移動させることは相当危険です。

24時間100キロは、先ほど書いたとおり、
1時間に4キロ進めばよいので、歩いてでも可能です。
もちろん、途中休憩をとりますので、それ以上で移動することになりますが、
走りっぱなしということはありません。

それでも、まったく運動していない人が、当日発表されて100キロという距離を
移動するのは、メンタル的にも相当たいへんだと思います。

5.まとめ

ということで、健康面からしても、モチベーションからしても、
本人に当日まで伝えないなんてことはありえないでしょう。

本人は、コソ練(ランナー用語?こっそり練習すること)を必ずしています。
健康チェックもありますし、体力に応じて距離も設定しなくてはいけません。

そして、当日発表時に、どれだけはじめて知ったような演技をするのか?
これがトレーニングよりもたいへんかもしれませんね!

24時間テレビ2017チャリティーマラソンランナー、本人に伝えないわけがないよぉ
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

フォローしていただけるとたいへんうれしいです