藤原和博さんの講演動画の「仕事を買う、代理を買う」を自分のビジネスで検証!

Pocket

藤原和博さんの講演動画の「仕事を買う、代理を買う」を自分のビジネスで検証!

藤原和博さんってご存知ですか?私、正直最近まで知りませんでした。

私は、ビジネス講座や起業講座とか疎くて、ここ2,3年になって、グロービスの存在を知りました笑

そこで、藤原和博さんの動画をみて感じたポイントを
自分のビジネスにあてはめて検証してみました。

こちらもご覧ください!
藤原和博さんの講演動画の「100万分の1になれ」を自分のビジネスで検証!
藤原和博さんの講演動画の「希少価値・レアカードをめざせ」を自分のビジネスで検証!

目次
1.本題の前に
2.仕事を買う
3.代理を買う
4.まとめ

1.本題の前に

本題の前に・・・。
私は、車で移動するときに、動画を聴くようにしています。
動画の内容は、自分のビジネスに役立ちそうなものを検索するのですが、
今回は、「将来なくなる仕事」をキーワードに検索していたら、
藤原和博さんの動画にたどりつきました。

正直、知らない方でしたが、1時間程度の動画だったので、
ちょうどよいなあと思ってみてみることにしました。

そしたら、元気なおじさん笑が・・・。

この方の紹介はいろいろなサイトに掲載されていますので、
今回は動画のポイントを自分のビジネスに当てはめてみましたので
ご紹介します。

2.仕事を買う

仕事を買うって表現がとても印象に残りました。
普通、自分の仕事は売るものなのですが、反対に仕事を買いなさいと。
若いうちは買ってでも苦労しろという言葉がありますね!

100分の1の考え方の際、ちょっと違った分野で100分の1になれと藤原さんはおっしゃっていました。
このあたりの話はこちらを参照
藤原和博さんの講演動画の「100万分の1になれ」を自分のビジネスで検証!

このときに、新しい分野で取り組むチャンスがあったら、お金を払ってでも取り組みなさいと。

これは刺さりましたね!!
私自身、10000分の1から1000000分の1をめざしています。
そして、ジョギング教室(100分の1)×スポーツ事業(100分の1)×社会貢献(100分の1)=1000000分の1をめざしており、
社会貢献の100分の1はお金を払ってでも取り組まないといけないわけです。

これは勉強になりました。

1、スポーツインストラクターとして、
2.1人株式会社を設立してスポーツ事業を行い
3.スポーツで社会貢献を各地で行う

方向性は間違っていないようですね!

3.代理を買う

藤原さんはアバター(代理)を買いなさいとおっしゃっていました。

これも私の事業に当てはめてみました。

私は、1人で会社経営をしていますが、サポートしてくださるスタッフが13名います。
この方々は、本業がありながら、週末だけお手伝いいただいているわけですが、
全体と取りまとめていただいている方もいらっしゃいます。いわゆるアバターです。

私がいなくても事業が成り立っているのはこうした方々のおかげです。

よく、「自分でやったほうがはやい!!と考える方がいらっしゃるかと思います。
それでは、次のステージにいけないんですよね。
このあたりは、私も最初から考えて事業をしてきました。

もちろん、サポートスタッフに対するコストがかかるので、自分の収入は少なくなりますが、
これは必要な考え方だと藤原さんもおっしゃっていました。

私の考えは間違っていなかったようですね!

1日24時間しかないわけですし、体も一つしかないわけです。
そうなると、自分のアバターを増やしていくことが重要なんですよね。

1人で会社経営していると、いろいろなことをやらないといけないませんが、
すべて自分1人でやろうとするとダメなんですよね。
これって、ついついそうしてしまいがちなのですが、体がもちません。

特にスポーツを事業としている自分は、健康第一ですからね。

4.まとめ

私のようにかわった仕事をしていると、何が正しいのか何が間違っているのか検証することが
とても難しいわけですが、藤原さんの講義動画を拝見して、
仕事を買うという考え、アバターを買うという考えを導入している自分は、
今のところ間違っていないんだなあと検証することができました。

あなたも動画をみて満足せずにぜひ、行動して検証してみてはいかがでしょうか?

こちらもご覧ください
藤原和博さんの講演動画の「100万分の1になれ」を自分のビジネスで検証!
藤原和博さんの講演動画の「希少価値・レアカードをめざせ」を自分のビジネスで検証!

藤原和博さんの講演動画の「仕事を買う、代理を買う」を自分のビジネスで検証!
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです