ブログも事業も共通していることとは?

Pocket

ジョギング × フリーランサー × 「??」でワクワク生きることを追求するブログです。

本記事は、??=ブログ運営です。

「かん吉」さんのブログ本を参考にしています。今回は、「ブログも事業も共通していることとは?」こんなテーマでいきましょう!

目次
1.節約ネタ
2.まとめ記事
3.4行日記
4.ネタ集め
5.まとめ

1.集客マーケティング

ブログ集客は、ソーシャルメディアと検索エンジンを上手く利用しましょうと書いてあります。

私は、2011年からフェイスブックを利用していて、ランニング事業
Facebookをフル活用をしています。Facebookがなかったらビジネスが成り立たないくらいですね。
2017年9月現在、ちょうど友達数が1500、Facebookページのいいね数が2044あります。

週に1回程度、それぞれ記事を掲載してブログに誘導していますが、まだまだ連携は、できていないですね。

繋がっている人たちはランナーが多いので、ランニングネタがよいのかなあと。
あまりブログ運営ネタなどはターゲットが異なるので、控えています。

またビジネスの話なども控え気味なんですが、どうしたものかなあと。

どんなビジネスであろうと、物を売ろうがサービスを売ろうが、集客しないと成立しませんよね。ブログの読者を増やすのも楽ではありませんが、事業で集客するのもそう楽ではありません。

ブログで簡単に集客して儲かる本など出版されていますが、本のタイトルとしては読みたくなる人がいるのかもしれませんが、絶対に楽ではありませんからね!!ご注意を!!

さて、マーケティング用語がいくつかあるようなのでご紹介します。

2.AIDMA(アイドマ)

マーケティングの勉強をしたことがある人にとっては、超基本みたいです。
私は、どこかの本で読んだ記憶があるかなあという程度です。

1920年代にアメリカで提唱された購買行動モデルだそうです。

AIDMAは、頭文字をとっています。

A Attention(認知・注意)
I Interest(興味・関心)
D Desire(欲求)
M Memory(記憶)
A Action(行動)

認知し、興味を持ち、買いたいなあと思い購入するということですね。
ま、簡単にいうと、買うという行動を起こすまでのプロセスですね。
今のアメリカでは、Mを抜いたAIDAが主流のようです。

マーケティングってこういうことを勉強するんですね。
当たり前と言えば、当たり前なことではありますね。

3.AISAS(アイサス)

次は、AISASで、AIDMAより、インターネット時代の購買モデルで、あの電通が提唱したそうです。

A Attention(認知・注意)
I Interest(興味・関心)
S Search(検索)
A Action(行動)
S Share(シェア)

検索とシェアが大きな特徴ですね。ただ、シェアされるってなかなかないですよね。
私のようなちっちゃい会社の場合は、ほとんど難しいですし、シェアされたことなんてないかなあ(笑)

電通さんが考えたモデルなので、ネット会社や大手の会社が対象のモデルですね。

4.SIPS(シップス)

これは、かん吉さんの本には書いてなかったのですが、ちょっと調べてみたら、SIPSというモデルがありました。

S Sympathize(共感)
I Identity(確認)
P Participate(参加)
S Share&Spread(共有・拡散)

これも電通関連の会社が提唱したモデルだそうです。
SNSに特化した考えのようですが、これも私の会社では難しいモデルですわ(笑)

5.まとめ

今回は、かん吉さんの本のSection 04-01をご紹介しながら、自分というフィルターを通してご紹介しました。

どれも共通して言えるのが、認知してもらう、知ってもらう必要があるということですね。
では、知ってもらうにはどうしたらよいか?
チラシ?広告?口コミ?
それは、そのビジネスにもよりますよね。できることならやる!!
これですね!!

集客の一歩は、知ってもらうこれが今回のポイントですね。

自分が好きなことを自分というフィルターを通し、役に立つ情報をブログというツールを使ってコツコツ発信しています!

ジョギング×フリーランサーというオリジナルのフィルターを通しながら、ブログ運営をしています!

では、また!!

ブログも事業も共通していることとは?
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです