リファラル営業サービス「Saleshub」の評判は?企業側として利用してみました

Pocket

新しい事業展開をしようと考えており、いろいろ検討した結果、

リファラル営業サービスのプラットフォームを構築している、「Saleshub」というのがあったので、こちらをさっそく利用してみることにしました。

今回は、紹介する側ではなく、紹介してもらう側いわゆる企業側として利用してみましたので、今後、企業側として導入検討してみようかと思っている会社さんは、ご参考ください。

ちなみに、
2018年
08月13日(火)に登録
08月14日(水)サポーター2件、アポイントを2件獲得
08月15日(木)累積ベージビュー310 サポーター応募2

8月15日現在、アポイントがとれただけなので、成約に至っていませんが、そのあたりもこちらで報告していきたいと思います。

では、今回の目次です

1.なぜSaleshubを利用したのか?

2.Saleshubってどんな会社?

3.Salehub 実際に使ってみた結果

1.なぜSaleshubを利用したのか?

次なる自社サービスを展開していく上で、今後は、BtoB営業をしていこうと考えていましたが、今まで営業らしい営業をしたことがなかったので、何かいい方法がないかと考えていました。それを一つずつご紹介します。

自分でやる

まず最初に考えることは、自分でやるという方法!これはもちろん自分でやっているのですが、どうしても営業だけしているわけにはいかないので、スピード感がありません。
また、私一人では限界があるので、今回はほかの方法をいろいろ考えてみました。

営業を雇う

1人会社でやっている小っちゃい会社ですので、体力的にも専属の営業マンを雇う力はありませんし、そう簡単に適任者をみつけることができません。
ただ、強い会社にしていくには、そろそろ一人くらい正社員を雇っていく時期かと考えてはいますが、今はまだ時期尚早かなあと。ということで却下!!

営業代行会社に依頼

次に考えたのが、営業代行会社に依頼するという方法です。やはり営業に特化した会社に依頼することで、成果もでるかと思い、2社ほど話を伺ってきましたが、結論からすると見送ることにしました。営業代行会社は、成果報酬型と固定型があるのですが、今回の2社は固定型でした。また、今回考えているサービスからすると、費用対効果が悪かったです。
アポがとれるかわからない状態で、固定額を支払うのはちょっとリスクがあるなあと。

リファラル営業

そして、リファラル営業です。
リファラル営業に関しては、興味はあったのですが、本格的に調べたことがなかったので、今回は、いろいろと調べてみました。

ネットで検索すると、2社がヒットしました。その一つがSaleshubだったのです。

決めては費用です。
金額は、自分で設定できます。
アポイントが獲得できたら、紹介者にいくら?とか、
商談成立した際にいくら?とか

この場合、金額よりも紹介者の信用性がどれだけあるかで、商談成立の角度がかわってきます。
とりあえず会うだけで、先方がまったく関心のないようなアポだったりすることもあるでしょうし、こればっかりはわかりません。
このあたりもご紹介していきたいと思います。

2.Salehubってどんな会社?

更新中

3.Saleshub 実際に使ってみた結果

更新中

リファラル営業サービス「Saleshub」の評判は?企業側として利用してみました
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです