自分のスポーツビジネスをホリエモン「ビジネス4原則」に当てはめてみた

Pocket

ホリエモンこと堀江 貴文さんが、おっしゃっているビジネスで成功する4原則というのをご存知でしょうか?

今回は、このビジネス4原則を私の事業の一つであるランニング事業を当てはめてみました。

まずは、ホリエモンさんが提唱するビジネスで成功する4原則とは下記のとおりです。

スポーツビジネス

1.初期投資が少ない
2.利益率が高い
3.在庫をかかえない
4.リピーターが多い

1.初期投資が少ない

初期投資が少ないと言っても、ひとそれぞれ捉え方が違うと思います。
1万円なのか、10万円なのか、100万円なのか・・・・。

ここでは、あなたにとって、万が一事業がうまくいかなかった場合、別事業に取り組めるだけの資金が残っていること、また生活に支障がでないこと、いわゆる立て直せることができるかどうかが重要です。
それが初期投資の上限金と考えたほうがよいでしょう。

例えば、会社を辞めて独立を決めたとしましょう。
退職金と貯金で500万円くらい現金があったとしましょう。
この場合、初期投資に500万円使ってしまうのは、やめたほうがいいでしょう。

私のスポーツビジネス(ランニング事業)の場合

私の場合は、会社員時代に兼業としてスタートしたので生活費をキープしながら、ランニング事業をはじめました。最初は、近所にチラシを配ったり、無料ブログやスポーツ関連のポータルサイトなどに告知をしてスタートしました。
なので、初期投資は、数千円~数万円でした。

2.利益率が高い

利益率が高いと言われてもどのて程度が高いのかは、業界によります。
一般に仕入れがあるかないかで利益率は大きく変動します。
例えば、飲食店。飲食店は食材を仕入れて販売するなので、利益率は低くなります。

私のスポーツビジネス(ランニング事業)の場合

私の場合は、主なコストは、家賃、広告宣伝費、通信費、交通費、ノベルティ、施設利用料で、一番割合を占めているのは、人件費です。大きな仕入れはありません。そのため利益率はとても高い部類になります。

3.在庫をかかえない

一般に在庫があるビジネスは、利益率がよくありません。
例えば、飲食店は、生ものなど扱っている場合が多いので、すべて仕入れてものを使い切ることは難しいので、その分単価に反映させないといけません。

私のスポーツビジネス(ランニング事業)の場合

私の場合は、在庫は何もありません。ノベルティも消費期限が1年以上ありますので、
必ず使い切ることができます。

4.リピータが多い

お客さんには、ビジターと言われる新規のお客さんとリピーターと言われる繰り返し利用する常連さん、会員さんがいます。新規のお客さんをいかにリピーターにつなげるかがとてもビジネスでは重要です。

私のスポーツビジネス(ランニング事業)の場合

私の場合は、独自の会員システムを導入しています。今ではビジターより会員さんのほうが多くなりました。しかし、新規の方を獲得することもとても重要なので課題ではあります。

以上となります。
あなたもぜひ、自分が行おうとしている事業をあてはめてみてください。
4つのうち、満たしている数が多いほど、ビジネスで成功する確率が高くなります。

自分のスポーツビジネスをホリエモン「ビジネス4原則」に当てはめてみた
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです