起業でネタ探しは土地探しから

Pocket

起業するネタを探す場合、どうしたらよいのでしょうか?

oht86_tudukukoudainanouchi_tp_v

会社を辞めて起業をしたいけど、何をやったらよいのかわからないというのはよくある話です。

私自身も「自分で何かをしたい」と考えていた時期がありました。
期間にして、10年ほどです。けっこう時間がかかりました。
ただ、この「何か」を見つけることがとても重要でみつけてしまえば、あとは突き進むのみです。

では、この「何か」をどのようにしてみつけるのか。

これは、とにかくいろいろ自分のやりたいことをやってみる。
これしかありません。

私は、会社員時代にこの「何か」を探していました。
いろいろな人にあったり、本を読んだり勉強会に行ったり、相当お金を使いましたね。

そして、いろいろなことにチャレンジしました。
自分で交流会も開きました。

そうやってとにかく、いろいろやりたいことをやってみることが大切です。

20代で新しいことにチャレンジした経験がないと、
30代や40代、50代になって新しいチャレンジすることはより一層難しくなるそうです。

これは、年を重ねると経験や知識が邪魔をするからです。
私は、会社員時代の20代にいろいろチャレンジしてきたので、40代になった今でも
新しいことにチャレンジすることはまったく抵抗がありません。

チャレンジとはアウトプット

今、いろいろなところで経営・起業セミナーが行われています。あなたも1回くらい受講したことがあるのではないでしょうか。

そんなあなたに質問です。セミナーを受講して、アウトプットしてますか?

大半が、わかったで終わってしまうんです。私も経営セミナーを受講したことがあります。
そして、すぐアウトプットしています。そうなんです。受講して終わってはいけないのです。
それをアウトプットすなわち、実行しないと意味がないのです。

アウトプットし続ける

私は、自分で事業を行うという人生を選択した以上、現状に満足した時点で終わりです。

常に将来のためにチャレンジしないといけません。

◆土地探し

いろいろな人と会いました。
大半がご挨拶で終わるわけですが、それでいいのです。
まずは自分を知ってもらうことがとても重要ですからね。

◆種まき

いい土地かなあというところを少しだけ買って、ちょっと種をまいてみました。
これが小さい事業です。
芽がでるかどうかはわかりませんが、
しっかり肥料と水を与えていきます。

◆小さな芽

これは、2,3年前に種をまいたものです。
まだまだ小さいですが、なんとかがんばってくれています。
来年は花を咲かせます。

種をまいても芽がでるのは、ほんのわずか。
それを繰り返していると、
ちょっとずつですが、どこに種をまけばよいのかがわかってきました。

こんな試行錯誤の毎日です。

それでも、仕事で自己実現できていることが何よりも充実しています。

実行しないと価値はない

事業計画書の書き方を教わってもそれを実行しないと価値がありません。
経営分析ができ、問題点がわかっただけではなく、それを実行しないと価値がありません。
会社の作り方を学んでもそれを実行しないと価値がありません。
新しいアイデアが浮かんでもそれを実行しないと価値がありません。

2017年4月よりスポーツ起業家発掘養成講座を開講いたします。
これは、スポーツで日本を変えたい!!スポーツを価値ある職業にしたい!!
もっともっと、スポーツ産業を盛り上げたい!!ということで、
スタートします。
詳しくは、こちらをご覧ください。

スポーツ起業家発掘養成講座

起業でネタ探しは土地探しから
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです