【実践】参加型スポーツイベントを企画から運営までしてみたパート3

Pocket

【実践】参加型スポーツイベントを企画から運営までしてみたパート3

2017年4月より、スポーツ起業家発掘養成講座の第1期生がスタートします。
そこで、ここでは、スポーツビジネス講座の模様をご紹介していきます。

スポーツビジネスの企画から実行するまでをお伝えしますので、
これからスポーツビジネスに興味ある人は、ぜひ参考にしてみてください。

【実践】参加型スポーツイベントを企画から運営までしてみたパート1
【実践】参加型スポーツイベントを企画から運営までしてみたパート2

どんなスポーツビジネスをやるのかの前に

まずはじめに、何をやるのかを決める前に、
そもそも刈田君がどうしたいのかを知る必要があります。
これは、私と刈田くん2人で時間をかけてコミュニケーションをとり、刈田くんの資質を確かめました。

実はこれがとーーーても重要なんですよね。
せっかく貴重な時間を使うわけですから、楽しくないといけません。
そうなんです。ビジネスは、もっと言えば、「起業」は楽しくないとダメなんです。
それは、ゼロからイチを生み出すときはパワーがいるからです。
このパワーは、楽しさやワクワク感が絶対必要なんです。

当たり前ですが、誰かにやらされて起業する人はいないですよね!!笑

パート1で、
起業するには、「ちょっとおバカさんがいい」と書きましたが、

今回とあわせると、

ちょっとおバカさんが、ワクワクドキドキすることを事業にすること

これで、起業した際、本人が思ったとおりの結果がでる確率がぐーんと高まります。

いろいろやりたくなってしまうのは要注意

ビジネスの話をすると、あれもやりたい、これもやりたいといろいろやりたくなってしまうんですね。これはこれで、楽しいときなのですが、どれも進まなくなる場合があるんです。

本当に自分がやりたいことをしっかり選択することが大切です。
いわゆる、選択と集中!!

仕事なのか遊びなのかわからないくらいがちょうどいい

私自身、最近感じるのが、仕事と遊びの境目がなくなってしまいました。
というより、仕事が遊びなのか、遊びが仕事なのかという感じです。

この感覚って表現しずらいのですが・・・・。

今後の予定

次回は、そろそろやることを決めていきます。

講義のスケジュールと並行して進めていきますが、若干前後するかもしれません。

【実践】参加型スポーツイベントを企画から運営までしてみたパート3
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです