やりたい仕事は自分でつくる時代なのか?

Pocket

4月25日(火)に神奈川産業振興センターで
「やりたい仕事は自分でつくる」というテーマで、
自分の好きなことを仕事をしている経験を講演することになりました。

http://www.kipc.or.jp/seminar_event/27066/

今回は、当日の準備のためにどんなことを話そうかを考えながら書いてみたいと思います。

好きな仕事

1.「やりたい仕事は自分でつくる」その前に!
2.好きなこと、やりたいことをどうやってみつける?
3.何を仕事にするかとか考えないほうがよい
4.まとめ

1.「やりたい仕事は自分でつくる」その前に!

「やりたい仕事は自分でつくる」というテーマではありますが、
その前にもっと大切なことをしておく必要があります。
それは、やりたい仕事は何なのか?
をみつける必要があります。
これはそんな簡単なことではありませんよね。
ちなみに、私は社会人になってから13年かかりました。
これが遅いか早いかは別として、探しあてることが何よりも大切です。

2.好きなこと、やりたいことをどうやってみつける?

さて、好きなこと、やりたいことをどうやってみつけるのか?
ネットの記事では、好きなことを仕事にしよう!というテーマでいろいろ記事が書かれていますが、そんな簡単な話ではありません。

セミナーに参加したからといって、すぐにその場や次の日からみつかるものでもないですし、仕事に結びつくわけありません。

繰り返しますが、私は13年かかりました(笑)

では、私がしてきたことをご紹介します。大きく二つあります。

1.考える

自分は何をしているときがいちばん楽しいのかを考えます。私の場合は、学生のころからスポーツが好きでした。特に球技が好きでした。でもプロスポーツ選手になるほどではなかったですが、それでもスポーツが好きでした。
なので、漠然とスポーツに関する仕事ができないかなあというのは頭の中にありました。

スポーツが好きだからといって、トレーナーになるとかスポーツメーカーに就職することは興味がなく、スポーツに関することを自分でやりたいということだけを考えていました。

2.行動する

そして行動です。スポーツに興味があったとしても、コネも人脈もなかったので、スポーツに関係ないこともいろいろチャレンジしました。その結果、やっぱりスポーツがいいという結論に達しました。

では、スポーツに関する仕事をするぞと思っても、待っていても仕方ないので、
とにかくいろいろな人と会ったり、交流会に参加したり情報収集を続けたわけです。
とにかく、行動をしつづけました。

そして、当時会社員だったとき、会社の先輩から、「フルマラソンを走らないか?」と誘いを受けたのです。最初は迷いました。

スポーツは好きでしたが、走るのは興味がなかったのです。球技をしていると、走ることって試合に負けて走らされたり、トレーニングで走ったり、あまりいい思い出がなかったからです。

でも、せっかくだしやってみるか!と思い、チャレンジしたわけです。
それが、今では生業になったわけですから、人生わからないものです。

結局のところ、いろいろ行動してみるしかないのかというのが結論です。

よく起業したい!とか独立したい!とか言っている人がいますが、
とっととやればいいわけです。うまくいくかいかないかはやってみないとわかりません。

そして、そんな簡単に行動できないよ!という人は、おそらく起業は向いていないのかもしれません。

3.何を仕事にするかとか考えないほうがよい

何を仕事にするかとはは考えないほうがよいと思います。
お金になるとかならないとかは考えず、とにかく夢中になれることを早く見つけましょう。

いかに夢中になれること、ワクワクすること、没頭できることをはやく見つけるか

これにつきます。
このみつける作業をとにかく続けることです。

4.まとめ

いかがでしょうか。マジックのようなものはないわけですよね!!
まとめると、こんな手順です。

手順1.とにかくいろいろ行動しながら、夢中になれることをみつける
手順2.みつけたら、とことん続ける
手順3.続かないとしたら、それは夢中になれることではないのでまた探す
手順4.またみつけたら、とことん続ける
手順5.誰でもできることを誰もできないくらいとことん続ける
手順6.いつか、それが仕事になっている

こんな感じ!!

そんことする時間がないって?
もう、好きなことを仕事にするのはあきらめましょ!!(笑)

やりたい仕事は自分でつくる時代なのか?
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです