なぜ、勉強しないといけないのか?という質問に答えられますか?

Pocket

なぜ、勉強しないといけないのかを考えてみました

2017年6月に母校の高校1年生向けに卒業生として話をすることになりました。
何をテーマに話そうかいろいろ考えています。

PAK105215431_TP_V

話をしている最中に、居眠りされないように
何か一つでも学生の心に刺さりたいなあと考えているわけですが、

高校1年生は、受験も終わったばかりで、遊びたいときですしね。
彼氏がほしい!!彼女がほしい!!

どうしたら彼女・彼氏ができるのか?

こんなテーマで話したら関心もってくれるかなあ(笑)

しかし、私もそんなにモテたわけではないですし、
放課後、週末は、ひたすら部活だったし・・・・

ということで、彼氏・彼女は、おいといて、こんなテーマはいかがでしょうか?

「なぜ、勉強しないといけないのか?」

このテーマで考えてみたいと思います。

もし、あなたが、自分のお子さんや知り合いの中高生に、
「なぜ、勉強しないといけないの?」と質問されたら答えられますか?

よくある答えは、

・一流の大学に入るため
・一流の会社に入るため
・学生は勉強するもの
・将来のため
・将来、お金を稼ぐため

だいたいこんなところでしょうか。

例えば、

なぜ、勉強しないといけないのか?

⇒一流の大学に入るため

なぜ、一流の大学にはいらないといけないのか?

⇒一流の会社に入社するため

なぜ、一流の会社に入社しなくてはいけないのか?

⇒お金がたくさん稼がないといけないから

なぜ、お金をたくさん稼がないといけないのか?

⇒生活していくためには、お金がたくさん必要だから

上記の流れからすると、

勉強しなくてはいけないのは、生活のためとなりますが、
これは正しいのでしょうか?

なぜ勉強するのか?が、なぜ仕事をするのか?にテーマがかわってしまいそうなので、
もとに戻しましょう。

なぜ、勉強しないといけないのか?

私なりに答えをだしてみました。

それは・・・・。

一言でいうと、

人生の選択肢を増やすきっかけ作り

大人になって、因数分解がわからなくても生きてはいけますよね。
でも、数学という学問をすることで、数学が好きになる人がいるわけです。
いわゆる、数学が好きになるきっかけが勉強することで生まれます。

他の教科についてもそうです。
いろいろな勉強をすることで、自分には何がむいているのか、
何が好きなのか、その先の人生を送る際の選択肢を増やすわけです。

私は、体育と数学が好きで、英語や国語が好きではありませんでした。
好きな体育と数学は、成績がよかったですし、英語や国語はあまり得意ではなかったので、
成績もイマイチでした。

そうして今、体育といいますか、スポーツに関する仕事をするようになったわけです。

最初から、スポーツに関する仕事ができたわけではありませんが、
常に頭の中には、「スポーツで仕事をしたい!」という思いがありました。

スポーツ=好き

「スポーツで仕事がしたい」=「好きなことで仕事がしたい」

学生のころは、いろいろな教科を勉強します。
勉強することが直接人生に役立つかどうかは何とも言えません。
(微分積分ができなくても十分生きていけますしね!)

ただ、
いろいろと勉強しておくことで、人生の選択肢、いわゆる自分には何が向いているのかを考える材料があるほうが、よいのではないでしょうか。
これが、私のこたえです。

誰だって、好きなこと、ワクワクすることが必ずあるはずです。
これが仕事にできたら最高の人生だと思いませんか?

なぜ、勉強しないといけないのか?という質問に答えられますか?
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです