アドラー心理学「100点満点を目指さない方がやる気が持続する」

Pocket

アドラー心理学「100点満点を目指さない方がやる気が持続する」

オーストラリアの心理学者だったアルフレッド・アドラーの教えや考え方を
自分のビジネスと重ねあわせご紹介します。
参考本「アドラーが教える9つの勇気」

完璧主義

完璧主義者の人は、好きなことを仕事にできないかもしれません。
いや、好きなことを仕事にしている人の中で、完璧主義者は少ないかもしれません。

今回は、完璧主義者をテーマにいきましょう!!

今あなたが、好きなことを仕事にしたいと考えていたとします。

オフィスを構えて、机を用意して、電話、FAXを用意して、人を雇って・・・。
あと、お金がないから、銀行から借り入れて・・・。

まさかこんなことを考えていませんか?

よく創業セミナーなどで、会社の作り方や資金繰りについてなどのセミナーがありますが、
ちょっと考え方が古い内容ですね。

今の時代、全くお金がない状態で起業するのは難しいかもしれませんが、
副業でも週末だけでも、他に収入源を確保しながら、起業できる時代です。
銀行から借り入れありきで、起業する時代ではありません。

好きなことを仕事にする際、とにかく小さくはじめてみることです。
万全の状態で起業している人なんてほとんどいないはずです。
行動しながら、やりながら改善をして、必要なものをそろえていくのです。

いわゆる完璧主義者の人は、中途半端が許されません

自分なりに完璧な状態を作らないと、行動には起こせない。
これでは、いつまでたっても好きなことを仕事にできません。

私は最初、副業ではじめましたし、事務所なんてないですから、自宅や喫茶店で仕事をしていました。喫茶店は、今でもフル活用していますが(笑)

コピー機なんてコンビニがあれば十分ですし、
ネット環境だって、ノートPCがあればどうにでもなりますよね。

まず完璧主義をやめましょう!!

準備万端なんで、絶対にありえません。
何か行えば、改善点や問題点は発生するものです。

こんなもんでいいだろうくらいで実行してください。

そうしないといつまでたっても行動することができません。
いわゆる、評論家で終わってしまいます。

なによりも実践したことがやる気につながる

小さな実践経験を積み重ねることで、達成感が生まれやる気につながります。
やる気が継続するエネルギーになりますし、新しいことへの勇気もわいてきます。

小さい実践経験⇒達成感⇒やる気向上⇒新しいチャレンジ意欲⇒小さい実践経験

このサイクルがとても大切です。
お金になるとかならないとかは考えなくてよいのです。
最初は、副業でスタートすれば、生活費は確保できています。
会社を辞める必要はないのです。

まとめ
好きなことを仕事にするならば、こんなもんだろうくらいで行動することが大切

アドラー心理学「100点満点を目指さない方がやる気が持続する」
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです