アドラー心理学「自分と他人を見比べて落ち込まないようにする」

Pocket

アドラー心理学「自分と他人を見比べて落ち込まないようにする」

オーストラリアの心理学者だったアルフレッド・アドラーの教えや考え方を
自分のビジネスと重ねあわせご紹介します。
参考本「アドラーが教える9つの勇気」

好きなことを仕事にするようになると、他人と比べることが少なくなります。
今日はそんなテーマでいきましょう!

好きなことを仕事にする

好きなことを仕事している人は、
誤解を恐れずにいうと、「ワガママで、オバカさん」な方が多いのです。

私もその1人です(笑)

何を言われようが、自分の好きなことを求め続けるわけですからね。
他人にどう思われようが関係ありません。

とにかく、突き進みます。
ましてや、他人と比べて落ち込むわけがありません。
比較しようがないですからね。

そういった意味だと、誰でも好きなことを仕事にすることはできないかもしれません。

ちょっと変わった人でないと無理ですから。

通常は、将来が不安だったりどうなるかわからないので、
最初の一歩が踏み出せない。

誰だって不安ですよね。
独身ならまだしも、結婚していたり子供がいたりしたら、もっとたいへんです。
もし、脱サラしてスポーツを仕事にする!!なんて奥さんに言ってみましょう!!
まず、反対されます。ものすごく反対されます。これでもかくらい反対されます。

私もそうでした。
でも反対されようが、自分のやりたいことを求め続ける、真のオバカさんなんです。

普通の人は、今の人生に不満があったとしても、まわりと同じだからということで、
ガマンしてがんばります。

ちょっとオバカさんの人は、不平不満を感じて、何とかしようとするのですが、
変えられない人がほとんどです。

真のオバカさんは、実際に行動してしまうのです。

あなたが、普通の人なのか、ちょっとオバカさんなのか、真のオバカさんなのか?

おそらく、ちょっとオバカさんでしょう。
だから、このブログをご覧になっているわけです。

普通の人には、あまり役に立たないことばかり書いていますし、
真のオバカさんは、すでに好きなことを仕事にしているはずです。

ちょっとオバカさんのあなたへ

あなたは、まだ好きなことを仕事にできていないかもしれませんが、
今の人生、なんとかしたいと思っていることでしょう。

好きなことを仕事にしないまでも、
もっと自分らしく生きたいとなあと思っているはずです。

もっと自分らしく生きるための方法を2つお伝えします。

1つ目は、他人と比べないことです。

職場で、同期と比べていませんか?後輩が自分より出世して落ち込んでいませんか?
大学の友達が自分より給料が多くて嘆いていませんか?

今からすぐにやめましょう!!
といっても難しいかもしれませんが、他人と比較してる暇があったら、
次の2つ目のことをしてみましょう!

2つ目は、自分の時間を増やしてください。

5分でも10分でもいいです。毎日自分の時間を増やしていきましょう。
自分の時間って??

あなたは、どこかに勤めているかと思いますが、その場合、他人(会社)に時間を切り売りしていると思ってください。
仕事内容は何であれ、自分の時間を会社に投資して、見返りに給料をもらっています。
会社で仕事をしている時間も、自分の時間だ!!という人がいるかもしれませんね。

ここでいう自分の時間とは・・・・。

・本を読む
・旅をする
・運動をする
・ブログを書く
・勉強をする

いわゆる100%自分のために使う時間、すなわち1人時間です。

仕事は、確かにあなたの時間かもしれませんが、他の人と共有していますよね。
そうではなくて、自分のためだけの時間を増やすのです。

私の場合は、ウィンドサーフィンをしたり、ブログを書いたり、本を読んだり、
ジョギングをしたりしています。

では、今日から1分でいいですから、自分の時間(1人時間)を確保しましょう!!

自分の人生を変えるための第一歩です

まとめ

他人と比較して落ち込んでいる場合ではない。
自分らしく生きる第一歩は、自分の時間を確保すること

アドラー心理学「自分と他人を見比べて落ち込まないようにする」
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです