アドラー心理学「やる気になったら、すぐに実行するほうがいい」

Pocket

アドラー心理学「やる気になったら、すぐに実行するほうがいい」

オーストラリアの心理学者だったアルフレッド・アドラーの教えや考え方を
自分のビジネスと重ねあわせご紹介します。
参考本「アドラーが教える9つの勇気」

あなたは、でもでも人間ではありませんか?
何かをやってみよう。でも・・・・・
わかるより実行することが大切です。

今回は、そんなテーマでいきましょう!!

好きなことを仕事にする

あなたは、ワクワクすることはありますか?
あなたは、何かに打ち込んでいますか?
あなたは、やる気マンマンでいる何かをお持ちですか?

自分も以前はそうでした。
何か、モヤモヤした状態で会社勤めをしていました。
誰もが一度は、考えたことはあるでしょう。

「このままでいいのか?他に自分にできることはあるのではないか?」

でも、自分には能力がないし。
でも、時間がないし。
でも、何が他に向いているのかわからないし。
でも、でも、でも・・・・・・・。

結局、今の仕事でいっか!!となるわけです。
おそらく、大半の方は、そうです。
決して、こういった考え方がいけないと言っているわけではありませんが、
ちょっともったいないと思っているだけです。

こんな先輩、上司になるのか???

私は、大学卒業し就職して数年たった20代後半に、
会社ってこういうところなんだなあというのが、自分なりにわかってきました。

入社して、3年~5年くらいすると、
仕事内容、給料、人間関係などだいたいわかってくるものです。
その中で、一番驚いたのが、

先輩、上司が決して充実しているように見えなかった

一緒に呑みに行っても、愚痴や不平不満ばっかり・・・・・。

このとき、楽しそうに充実した人生を歩んでいる先輩や上司がいたら、
そのまま会社にいたかもしれません。

将来の夢や希望など熱く語ってくれる上司や先輩がいたら
今の自分はいないかもしれません。

愚痴っている先輩、上司がいたから、自分と向き合い、
将来について考えることができ、好きなことを仕事にできました。
先輩・上司に感謝!!

いやー、こんな30代、40代、50代になりたくないなあ

環境のせいにしても仕方ないですからね。

では、まず私がとった行動は?

好きなことを仕事にしたい!!
このサイトは、そういったあなたのためにどうしたらよいかを
お伝えしているわけですが、

そもそもあなたは、何が好きなのかわからないのではないでしょうか?

ではどうしたらよいか?

それは、自分の時間を確保することです。
そして、いろいろな人とあったり、興味のあることをいろいろ実践しましょう。

何でもよいのです。習い事をはじめてもよいですし、
生活残業なんでせずに、とっとと定時に帰りましょう。

そしてあらゆる興味のあることをインプット、体験、実践するのです。

そうすると、自分に向いていることが何かがわかってきます。

いわゆる、「やる気」が芽生えてきます。

やりたいことがみつからないと言っている人ってけっこう多いわけですが、
誰だって何が向いているのか最初からわからないわけで、
いろいとチャレンジすることで、見つけていくのです。

好きだから継続するというよりも、
継続することで好きになっていくのです。

私の場合は、スポーツを仕事にしたいというのは、昔から思っていましたが、
そんな簡単にスポーツを仕事にできないこともわかっていました。
なので、いろいろなことをチャレンジし続けました。

継続することで、好きなスポーツを仕事にすることができたのです。

では、やる気がある人は?

やる気がある人は、とにかくやる気があることにどんどんチャレンジしてください。
やる気がなくなるかもしれませんが、その場合はあなたに向いていなかったわけです。

まとめ

やる気がある人は、やる気がことにどんどんチャレンジしよう。
そのためには自分の時間を確保することです。

アドラー心理学「やる気になったら、すぐに実行するほうがいい」
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです