アドラー心理学「やる気を実現するために必要なものは勇気」 | ワクワク生きることを研究するブログ

アドラー心理学「やる気を実現するために必要なものは勇気」

Pocket

アドラー心理学「やる気を実現するために必要なものは勇気」

オーストラリアの心理学者だったアルフレッド・アドラーの教えや考え方を
自分のビジネスと重ねあわせご紹介します。
参考本「アドラーが教える9つの勇気」

あなたは、何かをやろうと思っても行動できず、先延ばしにすることはありませんか?
それは、なぜか?勇気がないからです。

今回は、「勇気」これをテーマにいきましょう!

好きなことを仕事にする
好きなことを仕事にしている人に限らず、行動力がある人は、とにかく勇気があります。
断られたらどうしよう!とか、明日にしておこう!とか、考えず、
思い立ったら、すぐに行動できるのです。

フランスの格言に、下記があります。

「大きなことを成し遂げるのに必要なのは、長い年月ではない、勇気だ」

面白いことをやろう!と思っても、行動できない人
新しい企画を考えて、企画書を書いたものの、上司に提出できない人

あなたはそんな人ではないですか?

一見、外からみてこの人、勇気あるなあと思っても、
当の本人は、それほど自分のことを勇気があるとは思っていません。
本人にとっては、普通のことなのです。

でも、その勇気がもてない人はどうしたらよいのでしょうか。

勇気があって、行動力がある人も最初からそうだったわけではありません。
思い通りにいかないことだってたくさん経験しているはずです。

メジャーリーガーのイチローも、失敗が前提といっています。

プロ野球選手は、一流選手の打率は3割なので、7割は失敗するのです。

誰だって失敗はしたくありません。私もそうです。
誰もがすべてが思い通りにいかないとわかっているのに、
失敗を嫌がるのです。

机上で学ぶだけでは絶対に勇気は生まれない

世間ではいろいろなビジネス講座や資格の講座などが開催されています。
このとき、確実に言えることは、
「絶対、勇気は生まれない」ということです。

勇気が生まれるのは、実践です。小さくてもかまいません。
とにかく実践でしか勇気は生まれません

こんなことは誰もがわかっているのです。
ですが、40代くらいになってから、自分で好きなことを仕事にしようと思っても、
なかなか難しいのは、「勇気」がないからです。

若いころに、自分で行動しておけば、それほど抵抗はないのですが、
やはり、社会人経験が長く、会社勤めしかしてきていない人は、
与えられることに慣れてきているため、自分で生み出す勇気がないのです。

では、勇気がない人が自分が好きなことを仕事にしたい場合はどうしたらよいか?

好きなことを仕事にするのは、あきらめましょう・・・・・
といってしまってはは、面白くないですよね。

では、とうしたらよいか。
好きなことを続けることです。

自分が好きなことなら、勇気とか考えずどんどん行動できますよね。
そして、続けることができるはずです。
誰から強制、命令されることなく、行動できますよね。

もしかしたら、途中で挫折するかもしれません。
そうしたら、次に興味があること、好きなことにチャレンジして続けましょう。
困難なことが生じても、乗り越えられれば、シメたものです。
どんどんチャレンジし続けましょう。

そうすると、自信がついてきます。
そうしたら、ちょっとだけずらして、新しいことにチャレンジしてみるです。

例えば、あなたがチャーハンを作るのが好きだったとしましょう。
チャーハンにこだわりがあるあなたが、いろいろなチャーハン作りに挑んでいます。
最初は、自分で作って食べるだけでしたが、
そのうち、インスタにアップしたり、ブログで作り方を公開したりしていくのです。
ちょっとだけ、違うアウトプットをしていくのです。
このとき、勇気などいらないですよね。
自分の好きなことだから、どんどんできるはずです。

そうやって勇気を身につけていくのです。

私もそうです。
最初は、インストラクターの会社でバイトでコーチをさせていただいた後に、
自分で教室をひらこうと思い、地元で開催をはじめました。

最初から、教室を開こうなんて思っていませんでしたし、方法もわかりませんでした。
一見、遠回りのようにおもうかもしれませんが、
自分の好きなことを続けることで、あたらしいステージが生まれ、
勇気がわいてくるのです。

まとめ
机上で学んでも勇気は生まれない。
勇気は、行動を続けることで養われていくものです。

アドラー心理学「やる気を実現するために必要なものは勇気」
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

フォローしていただけるとたいへんうれしいです