【初心者必見】富士登山競走2018!練習必須!5合目コース変更点及び走力目安は?

Pocket

【初心者必見】富士登山競走2018!練習必須!5合目コース変更点及び走力目安は?

毎年、7月に開催される富士登山競走。
今年で、第71回を迎えるこの大会ですが、
過酷なレースだからなのか、毎年、人気は急上昇しています。

エントリーするのもたいへんな大会なわけですが、
今回は、無事エントリーできたあなたのために、
初心者向けに富士登山競走2018の変更点と走力の目安をご紹介します。

試走会受付開始いたしました。
次回開催日は、2018年7月08日(日)!!

詳細・申込はこちら

富士登山競走

【下記の記事も参考にしてください】

【初心者必見】富士登山競走2018!練習必須!5合目コース変更点及び走力目安は?

【初参加者必見】富士登山競走2018 5合目コース制限時間内ペース配分とは?

【初参加者必見】富士登山競走2018 山頂コース参加権利獲得ペース配分とは?

【初参加者必見】富士登山競走2018 5合目までを山頂コースクリアペースで行くには?

目次
1.富士登山競走2018変更点
2.5合目コース目標別走力目安は?
3.練習や試走会は必須

今更、本ページをみているあなたに、富士登山競走について
説明するまでもないと思いますので、
詳細は、大会HPをご覧ください!!

富士登山競走HP

って、終わってしまっては、せっかくこのページをみていただいている
あなたに申し訳ないので、最近の制限時間の変更点と走力目安についてご紹介していきますね。

1.富士登山競走2018変更点

最近は、人気の高まりや安全を考慮して、関門が短くなってきました。
たかが5分、されど5分なのですが、本レースでの5分の短縮は、アベレージランナーにとって、ものすごーく大きいものです。

では、最近の変更点をみてみましょう。

1-1.5合目コース

第69回大会からですが、五合目コースは、馬返しの関門を2時間で通過しなくてはなりません。

1-2.山頂コース参加資格

五合目コースにて、2時間25分でゴールしなくてはなりません。

1-3.山頂コースの五合目関門

2時間15分になりました。

関門時間がぐっと短くなってきましたね。
といっても、はじめて参加される方にとっては、関門時間が掲載されていてもいったいどの程度のペースで走ればよいか、想像つきませんよね。

続いては、走力の目安です。

富士登山競走

2.5合目コース目標別走力目安は?

続いて、目標別の走力目安についてです。
5合目コースをどうにかクリアしたい!!山頂コースの出場権をゲットしたい!!!
という大きく2つにわけてご紹介します。

※こちらは、私自身と私のまわりのお客さんの走力を目安に書き出してみましたので、
あくまでも参考までに!

2-1.五合目コースを制限時間内にゴールしたいあなた

どうにかして、五合目コースをクリアしたいあなたは、とにかく制限時間内にゴールできればよいと思っていますよね。そういうあなたに最低限必要な走力は、

フルマラソンを4時間15分以内で走れるのと同等な走力

富士登山競走

できれば、サブ4の走力があれば十分制限時間内にゴールすることは可能です。
だいたい時間的に中間地点である馬返しを1時間30分~1時間45分程度で通過し、
しっかり休んで後半の登山道に挑めば、大丈夫!!後半は走るというよりは、
歩いていくことになるかと思いますので、まわりの流れに乗っていけば問題なく、
馬返しから5合目まで1時間30分以内でいけます!

2-2.山頂コース出場資格をゲットしたいあなた

こちらは、制限時間内にゴールを目指す人よりは、ぐっとハードルがあります。
山頂コースの出場権は、2時間25分です。このタイムでゴールするために必要な走力は、

フルマラソンを3時間45分以内で走れるのと同等な走力

できれば、3時間30分以内であればほぼ大丈夫です。
馬返しまでは、1時間15分~20分程度で通過して、後半の登山道をリズムよく登っていけば、ギリギリゴールできます。

これはあくまでも目安です。
本大会に参加される方は、ほとんどがフルマラソン経験者かと思いますので、
フルマラソンを目安に書いてみました。

もし、あなたが登山経験豊富で、早歩きや上りをサクサク歩ける力があるのであれば、
上記条件を満たしていなくても問題ありません。

ただし、五合目コースを2時間25分で走れて、山頂コースの出場権を獲得したとしても、山頂コースでは、関門に間に合わず、完走できません。

目安としては、五合目コースを2時間5分以内で走れないと、山頂コースは完走できませんので、ご注意を!!

3.練習や試走会は必須

富士登山競走は、他のフルマラソンと異なる点があります。
それは、標高差です。

富士登山競走

標高差約1500mを約15キロかけて上ります。
五合目コースは、前半の馬返しまでは、約10キロのロード、後半の登山道は約5キロの全長約15キロあります。
これは、富士山でしか経験することができません。

はじめての人は、必ず試走をすることをおすすめいたします。
そのほうが、安全ですし、一度経験しておいたほうが絶対よいです。

かまくRUNでは、練習会を年に2回開催しており、今年も開催しています。

レベルも3つにわけて開催していますので、ご自分の走力や目標にあわせて
参加できます。

はじめての方は一度ご検討してみてはいかがでしょうか?

【かまくRUN】(Specialイベント)富士登山競争試走会 – 7月に行われる富士登山競争のコースを五合目まで走ります。 山頂コースクリア、五合目コースクリア、制限時間内完走のペースで、それぞれペースメイクをいたします。 大会出場予定の方、コース確認・ペース確認にどうぞ! 今年エントリーできなかった方も、来年に向けて、そして走力アップにいかがですか!

試走会受付開始いたしました。
次回開催日は、2018年7月08日(日)!!

詳細・申込はこちら

【下記も参考にしてください】

【初心者必見】富士登山競走2018!練習必須!5合目コース変更点及び走力目安は?

【初参加者必見】富士登山競走2018 5合目コース制限時間内ペース配分とは?

【初参加者必見】富士登山競走2018 山頂コース参加権利獲得ペース配分とは?

【初参加者必見】富士登山競走2018 5合目までを山頂コースクリアペースで行くには?

【初心者必見】富士登山競走2018!練習必須!5合目コース変更点及び走力目安は?
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです