【初参加者必見】富士登山競走2018 山頂コース参加権利獲得ペース配分とは?

Pocket

毎年、7月に開催される富士登山競走。
過酷なレースだからなのか、毎年、人気は急上昇しています。

エントリーするのもたいへんな大会なわけですが、
今回は、無事エントリーできたあなたのために、
初心者向けに富士登山競走5合目コースにて山頂コースに参加できる権利を獲得できるペース(2時間20分以内)でゴールするためのペース配分をご紹介します。

試走会受付開始いたしました。
次回開催日は、2018年7月08日(日)!!

詳細・申込はこちら

富士登山競走

【下記の記事も参考にしてください】

【初心者必見】富士登山競走2018!練習必須!5合目コース変更点及び走力目安は?

【初参加者必見】富士登山競走2018 5合目コース制限時間内ペース配分とは?

【初参加者必見】富士登山競走2018 山頂コース参加権利獲得ペース配分とは?

【初参加者必見】富士登山競走2018 5合目までを山頂コースクリアペースで行くには?

目次
1.コース紹介
2.ペース配分
3.試走や練習会は必須

1.コース紹介

まずこちらをご覧ください。
標高差を表した図です。
当たり前ですが、上りっぱなしですね(笑)

富士登山競走

※この距離表示は、富士山駅付近から測定しています。
実際は、富士吉田市役所がスタート地点なので、約1.1キロプラスしてください。

5合目コースは、約15K標高差約1500mのコースになっています。参加したことがない人にとっては、よくわからないですよね。
私も最初はそうでした。

とにかく、しんどいということですね(笑)

そして、コース状況はというと、大きくわけて3つに分かれます。

舗装道路、砂利交じりの舗装道路、登山道

舗装道路は、いわゆるアスファルトの一般道路です。
車もぐいぐい走れる道路ですね。
これが、スタート地点から、約7キロほど先の中の茶屋まで続きます。
ま、いつまで続くのだろうというジワジワした上りが続くわけです。
中の茶屋

中の茶屋

そして、中の茶屋から馬返しまでの約4キロ弱は、砂利交じりの舗装道路です。
舗装道路ではあるのですが、地割れしていたり、砂利が交じっていたりしていて、
傾斜も急になってきます。

富士登山競走

そしてそして、馬返しから五合目までの約5キロが、いよいよ登山道です。
ここは走るというより、がんばっても早歩きのペースですね。

富士登山競走

まとめると、こんな感じです

スタート~中の茶屋の約7キロが、舗装道路
中の茶屋~馬返しの約4キロ弱が、砂利交じりの舗装道路
馬返し~五合目の約5キロ弱が、登山道

2.ペース配分

では、5合目コースを2時間20分以内でゴールするには、どのくらいのペース配分で走ったら(歩いたら)よいか、ご紹介します。

まずは、馬返しを中間点と考え、1時間15分前後では通過しましょう。

そうすると、中の茶屋を50分以内を目安にがんばりましょう。
ここで一息ついて、馬返しまでの約4キロ弱を30以内で上りましょう!!

【ポイント】
馬返しまでは、
ゆっくりでよいのでできるだけ歩かないこと!!

そして、後半の約5キロの登山道はこんな感じで!

馬返しで休憩して1時間15分で出発したとしましょう

馬返し

馬返し  約10.5k 1時間15分 (9時45分)

富士登山競走
1合目  約10.9k 1時間22分(9時52分)

馬返しからの距離が約400mですが、登山道になれる意味でも
ここでしっかりまわりの流れに乗りましょう。あわてずに歩いて歩いて!!
流れるに乗るのが、超重要!!

2合目  約12.1k 1時間36分(10時06分)

1合目から2合目までは、約1.2キロを15分以内でいきましょう!
途中平らなところがありますが、ここはちょいとジョグでいきましょう!


3合目  約12.6k 1時間47分(10時17分)

2合目から約500mほどを10分以内でいきたいところです。
急な岩場もありますが、あわてずに!!


4合目  約13.4k 1時間56分(10時26分)

3合目から1キロはありませんが、かなり急なところもありますので、
ここも10分程度通過しましょう!!さ、もう少しです。

5合目  約14.7k 2時間15分(10時50分) 

4合目からは約1,3キロあり、なんとか20分を目安にいきましょう。
途中、比較的平らな舗装道路を通りますが、無理して走らないで、呼吸を整えて!!

応援の人だかりがみえてきますので、最後のひと踏ん張りしてゴールです。

まとめると、こんな感じですです。

馬返し  約10.5k 1時間15分(9時45分)
1合目  約10.9k 1時間22分(9時52分)
2合目  約12.1k 1時間36分(10時06分)
3合目  約12.6k 1時間47分(10時17分)
4合目  約13.4k 1時間56分(10時26分)
5合目  約14.7k 2時間15分(10時50分) 

これで山頂コースの権利を無事獲得できゴールできます。
ここで、注意です。
権利獲得の2時間20分より5分はやく到着するようにしていますが、
混雑を考えると、これはギリギリの関門だと思ってください。
可能ならば、1分でも各合目を早く通過することをおすすめします。

3.試走や練習会は必須

いかがでしたでしょうか?

それでも、現地にいったことがなければ、それは不安ですよね。

かまくRUNでは、毎年6月と7月の2回、試走会を開催しています。
ペーサーもおりますので、不安な方はぜひいらしてください。

 

【かまくRUN】(Specialイベント)富士登山競争試走会 – 7月に行われる富士登山競争のコースを五合目まで走ります。 山頂コースクリア、五合目コースクリア、制限時間内完走のペースで、それぞれペースメイクをいたします。 大会出場予定の方、コース確認・ペース確認にどうぞ! 今年エントリーできなかった方も、来年に向けて、そして走力アップにいかがですか!

試走会受付開始いたしました。
次回開催日は、2018年7月08日(日)!!
詳細・申込はこちら

【下記の記事も参考にしてください】

【初心者必見】富士登山競走2018!練習必須!5合目コース変更点及び走力目安は?

【初参加者必見】富士登山競走2018 5合目コース制限時間内ペース配分とは?

【初参加者必見】富士登山競走2018 山頂コース参加権利獲得ペース配分とは?

【初参加者必見】富士登山競走2018 5合目までを山頂コースクリアペースで行くには?

【初参加者必見】富士登山競走2018 山頂コース参加権利獲得ペース配分とは?
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです