ランナーが共通して思っているたった1つのこととは

Pocket

あなたは、ランナーがいつも走りたくて走っていると思っているか?

決してそんなことはないのだ。
ここでは、ランナーがなぜ走っているのか、またどんな気持ちで走っているのかを
知っていただきたい。

そうすると、ランナーの見方がかわり、これからジョギングをはじめようと思っている方も、
安心できるはずだ。

ランナーは、走りたくない?

武井壮をご存知だろうか。
学生のころ、
十種競技で日本チャンピオンになり、40歳を過ぎて、2014年マスターズ陸上の400mリレーで
世界一になった男だ。

彼が、テレビ番組のインタビューでこのようなことを言っていた。

TVスタッフ「武井さん、そんなに毎日走って、走りたくない日はないのですか?」
武井「そんなの毎日だよ。毎日走りたくないと思っているよ」

あなたが、ランナーでない場合は、まったく意味がわからないはずだ。
走りたくないなら、走らなければよいだけだ。

だが、ランナーならこの気持ちがわかるはずだ。

ランナーの大半は、実は好き好んで走っているわけではない。
確かに、走りたいという気持ちになって走ることもある。
ただし、ほとんどの場合が、走りたくないという気持ちで走っているのだ。
これが真実だ。

一番たいへんな瞬間は、着替える時

かつて、3000m以上の長距離種目のほとんどで世界記録を保有していた
オーストラリアのロン・クラーク選手は、このようにいっている。

「ランニングで最もたいへんなのは、着替えて一歩を踏み出すことだ」

ランナーの方は、安心してほしい。
世界のトップ選手もあなたと同じ気持ちだ。

ランナーにとって、一番たいへんで苦労することが、
どんなに長い距離を走ることより、走る準備をすることだ。
ランナーは、この瞬間に自分と向き合うことになる。

・忙しいからやめておこう
・眠いからもう少し寝よう
・寒いからやめよう
・暑いからやめよう
・時間がないからやめよう
・TVがみたいからやめよう
・雨が降りそうだからやめよう
・風が強いからやめよう

でも走ろうとする。

では、なぜ走るのか?

あなたがランナーだったら、この質問に答えられるだろうか。

武井壮は、こうも言っている。

「普段、時間がないと言っている人に1日1時間の練習だけで世界一になって証明したい」と。

彼は、多忙な中、1日1時間のトレーニングをかかさず行っており、
それで世界一になったのだ。

彼は、世界で戦えるだけの素質があるだけで、
一般ランナーと何もかわらない。毎日地道なトレーニングをするだけなのだ。

ランナーにとって、走らない理由など次から次へとでてくる。
一度考えだしたら止まらない。

ただ、わずかな「走る理由」のために、走るのだ。
では、この「走る理由」とはいったいなんだろうか。

これは、人それぞれなので、一言ではいえないが、
私の場合は、はじめたころと今ではまったく異なる。

1年目~5年目

最初は、とにかくフルマラソンを完走したいという思いだけだった。
どういう練習してよいかわからなかったので、本やWEBで調べたり、練習会に参加したり、いろいろ試みた。
そして、完走した後は、タイムを短縮する努力をした。
はじめの5年間は、タイムを短縮するには、いちばんよい期間だ。

走れば走るほど、タイムは短縮する。
これが、一番の走る理由だ。

5年目以降

このころになると、そう簡単にタイムが短縮することはできない。
私の場合は、ジョギングが生業になったので、必然的に走る機会があったが、
最初のころとは、ジョギングに対する向き合い方がかわってきた。

それは、走る楽しさを伝えたいという気持ちになっていたからだ。
詳しくは、
スポーツで仕事をするようになった2つのターニングポイントをご覧いただきたい。

人によっては、走ることを辞めるのは、続けるより難しい?

ジョギングをはじめて70%の人が半年続かないでやめてしまうというデータがある。
もちろん、走る頻度や距離などは人それぞれなので、どういうった理由で辞めているのかは
わからない。

ちょっとしたきっかけでジョギングをはじめた方が大半だが、
反対にちょっとしたきっかけで辞めてしまっているのは、実に残念なことだ。

ある一定の期間をそれなりに走ると、今度は、こう簡単に辞めれなくなるのだ。

もし、あなたがジョギングをしているなら、
みんなあなたと同じだから安心してほしい。

ランナーは、走りたくないのだ。でも走っているのだ。

ランナーが共通して思っているたった1つのこととは
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです