プロ選手のセカンドキャリアを2つの契約形態から考えてみた

Pocket

あなたは、プロスポーツ選手の引退後(いわゆるセカンドキャリア)について、
組織がマネジメント(管理・育成)すべきだと思いますか?

今回は、契約の視点から考えてみたいと思います。

一般的にプロスポーツ選手の契約は、2通りあります。

社員選手・・・雇用関係を結ぶ
プロ契約・・・雇用関係を結ばない

社員選手は、雇用関係を結んでいる

社員選手は、所属会社と雇用関係を結び、部署に所属し、給料を受け取りながら選手として活動しているケースです。
契約にもよりますが選手引退後は、社員として働ける道が残されている場合があります。
また、雇用関係を結んでいるということは、所属会社側からみたら簡単にクビ(解雇)にすることはできません。

プロ契約は、雇用関係がない

プロ契約は、いわゆる業務委託契約なので、雇用関係がなく、個人事業主として活動するケースです。
自分で国民年金や国民健康保険に入らなくてはいけませんし、確定申告も自分で行う必要があります。

もちろん、所属会社と契約して取引しているわけなので、所属会社から解雇もできます。
一般企業に置き換えてみたらわかるかと思いますが、もう取引しませんよというのと同様です。

では、今プロスポーツ選手のセカンドキャリアが問題になっていますが、
上記の2点を考えた場合、組織は、引退後のマネジメントは必要だと思いますか?不要だと思いますか?

TVアナウンサーも同様

花形職業でもあるTVアナウンサーですが、あの方々もTV局の社員なわけで、雇用関係を結んでいますし、
給料制です。

人によってはフリーに転身する人がいらっしゃいます。いわゆる個人事業主になったり、会社を設立する人です。
どこにも属さずに、自分で稼ぐわけですから、収入も増える可能性もある分、病気やケガなどをしても
有給休暇などが取れないリスクがあります。

社員選手
 雇用関係がある
 所属会社と同じ待遇
 
プロ契約
 雇用関係がない
 業務委託契約

では、もう一度考えてみたいと思いますが、

プロスポーツ選手のセカンドキャリアが問題になっていますが、
上記を考えた場合、組織は、引退後のマネジメントは必要だと思いますか?不要だと思いますか?

私の経験

私は、プロスポーツ選手ではありませんので、金額は比較になりませんが、
独立した最初は、業務委託契約をした経験があります。
その間、前年度に比べて売上も利益も上がり大幅に貢献しましたが、交渉の余地なく、1年で契約が解除されました。

それが、業務委託契約です。
ですが、私はそういうことがあることを理解して契約を結びましたので、慌てることはありませんでした。

Jリーガーは1人の社長

額や内容は大きく異なりますが、
契約形態からみたら、町工場の社長やフリーランスで働いている人とプロスポーツ選手は、同じ個人事業主です。

町工場の社長が、取引先から契約を打ち切られた場合はどうするか?
それは新しい取引先を探すことになります。
当たり前ですが打ち切られた後、取引先が自社の面倒はみてくれません。

もし、あなたがJリーガーの選手になったとしましょう。

引退後の50年近い人生をどう生きていくのかを考えながら、現役時代を過ごしますか?
それとも、引退後のことはそのときに考えればいいと思いますか?

これは、とても難しい問題なので、賛否あるかと思います。
先日もJHCの講義で元Jリーガーの方々のお話を伺い、プロサッカー選手の現状がよくわかりました。

私の中で、一つの答えがでたのは、

「Jリーガーも経営者(社長)である」ということです。

日本国内には、約250万社の会社があると言われているので、およそ250万人の社長がいるということです。
複数経営している社長もいると思いますが、約50人に1人は社長となります。
Jリーガーもその1人の社長だということです。

そう考えると、クラブがすること、Jリーガー本人がすることがわかってくるかもしれません。

JHCの講座で「Jリーガーも経営者として扱うべきです」と発言したところ、
みなさん違和感があったらしく、間違っていると言われました。

私の伝え方がいけなかったのかもしれませんが、
クラブと選手はあくまでのビジネスパートナーであることを伝えたかったのですが、
サッカー関係者が多い中での発言だったので、あまり意図することが伝わらなかったようです。

プロ野球選手の練習以外の過ごし方

よく比較される、プロ野球選手の場合は、あまりセカンドキャリアの問題が話題になりません。
それはなぜでしょうか?
一つは、契約金の額です。入団時にまとまったお金が入りますので、引退後第2の人生を考える時間があることが
考えらえますが、もっと重要なことがあります。

それは、一般の方とのコミニュケーションです。

プロ野球選手は、呑みながら一般の人や選手同士でコミニュケーションをとる機会がサッカー選手より
多いことが挙げられます。一軍選手もそうです。

Jリーガー選手の練習以外の過ごし方

J2やJ3の選手は、社員選手が多かったり、バイトしながらプロ契約している選手もいるので、
一般の方々と接する機会が多いため、比較的選手生活が終了しても、社会人として順応できますが、
J1の選手の場合は、一般の方とプライベートで接する機会があまりありません。

セカントキャリアという考え方

新人Jリーガーのうち、1試合も試合に出れずに引退する選手もいます。
また、現役でいられるのも30歳前後と考えると、残りの50年は、何かしらの手段を手に入れて
生きていかなくてはいけません。
Jリーガーに限らず、スポーツ選手は必ず引退という節目と向き合うわけで、
その先の人生も含めてキャリアと考えるべきではないでしょうか。
ですが、これを論じると必ずプロ意識の問題がでてきます。

「プロが引退を考えてプレーなんてできない」と。

新しいプロとしての生き方

サラリーマンしながら「Jリーグを目指す」という選択肢があります。

Jリーガーという夢をあきらめないで、トップをめざせる仕組みです。

世界のトップクラブであるニュージーランドのオークランドシティーFCは、
ほとんどの選手がサッカー以外に本業を持つセミプロチームです。

日本のJリーグでは、プロ契約選手の数などが規定されていますので、
それをクリアすれば、大半が本業がありながらプレーすることは可能なのです。

まとめ

今回は、セカンドキャリアを契約の面から考えてみました。
最後に質問です。

あなたは、プロスポーツ選手の引退後(いわゆるセカンドキャリア)について、
組織がマネジメント(管理・育成)すべきだと思いますか?

【スポーツ×仕事=スポーツビジネス】当講座で事業の練習試合をしませんか?

スポーツビジネス

プロ選手のセカンドキャリアを2つの契約形態から考えてみた
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです