スポーツとアロマ ホルモンに働きかける2つの事

Pocket

男性ばかりだった職場に女性が進出して久しくなりました。

深夜のラジオ番組で女性アナウンサーが頑張っているし、大型トラックやコンビニへの配送トラックでも、女性ドライバーが当たり前になりました。

 最近、ミサイルなどに備えた海上自衛隊の艦長に、初めて女性が着任したと聞いて、びっくり!驚きました。

大丈夫なのかなといらぬ心配をしてしまいますが、相当な実力者で頑張ってきたのだなと思います。

私の職業は整備士。

まだ入社した頃は平成ではなく昭和の時代で当時は女性整備士は珍しく、1年務める事が出来るのかなと言われていました。

お休みの日は、峠を走る事が大好きでしたが、動体視力の低下を感じ今は、ベリーダンスにはまっています。

なぜベリーダンスを始めたか?

男性ばかりの職場で女性らしさがかけてきたような気がして、健康・美容・ストレス解消のために女性らしいダンス系の中でラテンエアロ・ズンバダンスもありましたが、骨盤を動かすベリーダンスを選びました。

女性ホルモンに働きかけ更年期障害の改善にも役立っています。

40才を過ぎてからの習い事は、仕事柄体力には自信はありましたが過信は禁物。

理想と現実は程遠く、上半身と下半身を同時に違う動作をする事が出来ず、腰をくねくねする動作がこれ程、奥が深く難しいとか思ってもみませんでした。

レッスン開始から30分は柔軟性をあげる為に、ストレッチをたっぷりします。

みなさん床にピタッと身体がつくし、指先までしなやかに美しさを追及しています。

私は既にストレッチの段階でヘトヘト、普段と違う動作は疲れます。

一生懸命やろうと思い、ついガチガチに力が入り女性らしさ0。

骨盤の方側を持ち上げれば8の字を描くことが出来、肩甲骨を開く事を意識すれば、自然に胸と落とす動作が出来ると言われるが、やたらと不自然な動きで怪しい踊りになっている。

踊りの基礎を学ぶには自分のカラダを鏡に写し練習する宿題が出た。

普段の生活の中ではメイクをする時や入浴のとき以外で自分のカラダを見つめる機会は、なかなかないので、自分のカラダを見つめる、このメリットで新たな発見がたくさんありました。思ったよりも胸や腰が動かせていなく、表情が暗かった。

自分のなかの女性らしい部分が見つけられることが出来ますようにと鏡にお願いをしてしまった。(白雪姫気分?イヤ鏡にお願いをしていたのは白雪姫の継母か・・・)

私はベリーダンスの他に好きな香りを味方につけて心身のバランスと整えています。

好きな香りを嗅ぐと心地いい気分になりリラックスできます。

ちなみに私が好きな香りはローズ。ローズの香りの入浴剤でお風呂に入る時間はまさに幸福のとき。この香りを嗅ぐと安心出来、イヤな事があっても忘れてしまいます。

眠りにつく時はオレンジなどの柑橘系を部屋にひと吹きします。

私は好きが高じでアロマ検定一級の資格をとった位です。

夫婦の真実事情をレクチャーするにおいても寝室の香りは大切かな。

不安定な気持ちになりがちな40代からは、このように好きな香りを味方につけて、不調を乗り切ることもおすすめです。

アロマテラピー、入浴剤、香水・・・何でも構いません。自分の好みや、その時の心の状態に合わせて使い分け。香りは脳にダイレクトに作用し、心を鎮めてくれます。

とくにアロマテラピーで使用するエッセンシャルオイルの香りは、脳の視床下部に届き、女性ホルモンの分泌を促す下垂体にも影響するそう。この視床下部は、自律神経のバランスを整える働きもあると、まあ、いいことずくめ!!

アロマ検定を受けるにあたりちょっとは勉強し、自分で嗅いでみて、直観で好きだと思った香りが自分が求めているものと言われており、私もそう思います。

今ではベリーダンスと香りの力を活用し女子力アップ中です。

スポーツとアロマ ホルモンに働きかける2つの事
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです