トップで活躍するスポーツ選手と経営者のたった1つの共通点

Pocket

スポーツの世界でもビジネスの世界でも活躍できる人とそうでない人がいる。
この差はなぜ生まれるのであろうか。

今回は、この差が生まれる原因と考え方をご紹介する。
これからあなたが行う仕事にもぜひ導入してほしい。

スポーツで活躍する人の特徴

あなたは、世界で活躍する選手は特別な才能があると思っていないだろうか。
決してそんなことはない。あのイチローがこう言っている。

「ぼくは、天才ではありません。なぜかというと自分がどうしてヒットを打てるかを説明できるからです。」

天才という言葉を辞書調べるとこう書いてある。

天性の才能、生まれつき備わった優れた才能(生まれつき優れた才能を備わった人物)のことである。 天才は、人の努力では至らないレベルの才能を秘めた人物を指す。

イチローは、自分は生まれつき備わった才能をもっているわけではないと言っているのだ。

また、イチローはシーズン中は試合にむけた調整を中心に練習するだけで、ほかの選手が行う、
特打ちなどはあまりしないそうだが、オフシーズンは納得がいくまで3時間でも4時間でも
打席に立ってバッティング練習をするそうだ。不安を解消する特打ちなどやっても意味がないというのが、
イチローの考えだ。
活躍する人の特徴は、今なんのためにこの練習をするのかを常に考えている。

行動には意味がある

ビジネスでも言える。いわゆる成功をおさめている人の特徴は、一つ一つの行動に意味があるのだ。
知り合いの例を紹介しよう。

私の知り合いにラーメン店のオーナーがいる。
そのエリアでは繁盛していてラーメン祭などにも出店するほどの人気だ。

しかし、このオーナーはラーメン屋をやりたくて経営しているわけではないという。
では、なぜこのオーナーがラーメン屋をやっているのかというと、
地域でのコミニティーのツールとして考えているのだ。

ラーメン屋を経営することで、地域の方とコミニュケーションをはかり、信頼を築くことで、
あらゆる人脈ネットワークを形成しているのだ。
今では、市長や議員まで巻き込んで地域活性化の活動をしている。

セミナーに参加する目的

今では、いろいろなビジネスセミナーがあり、参加費も無料から高額なものまである。
あなたは、セミナーに参加することが目的になっていないだろうか。

最近こそ、あまりセミナーに参加していないが、昔はよくセミナーに参加したものだ。
もちろん、知識をつけるためにセミナーに参加するのだが、私はそれ以外の目的で参加していた。

それは、運営側の立場でセミナーに参加していた。

・なぜ、このセミナーは無料なのか
・どこにお金を得る仕組み(キャッシュポイント)があるのか
・どうやって集客しているのだろうか
・会場費はいくらなのか?
・プレゼンの仕方はどうか。
・このセミナーの目的は何か
・スタッフの人数は?
・セミナーまでの誘導方法は
・アフターフォローは?

あなたがやるべきこと

スポーツもビジネスも一つ一つの行動には意味がある。
ただ、あなたがトップで活躍する人の行動を真似してもうまくいくはずがない。

あなたが、イチローの振り子打法を真似をしても打てるわけがないし、
ホリエモンの真似をしてもお金を得ることができない。

私は、スポーツを生業にしている。
プロスポーツ選手でもないし、スポーツクラブを経営しているわけでもない。
おそらく、変わった職業だ。

小さいころからスポーツが好きだったので、どうにかして職業にしたいと常に考えて行動してきた。
PDCAサイクルの繰り返しだ。

あなたがやるべきことは、トップの人の考え方を学ばなければいけない。
行動を真似するのではなく、考え方を真似るのだ。

これからは、自分自身が価値になる時代になる。

これからは、自分自身が商品となり、価値を生む時代になる。
必ずしも会社員を辞めて独立する必要はないが、会社だけに依存しておく時代ではない。

当サイトのすべての記事を読んだら、自分というフィルターを通して、考えて行動してほしい。
読むだけで終わってしまっては、絶対にいけない。

【スポーツ×仕事=スポーツビジネス】当講座で事業の練習試合をしませんか?

スポーツビジネス

トップで活躍するスポーツ選手と経営者のたった1つの共通点
この記事をお届けした
スポーツビジネス思考まとめの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!

シェアしていただけるとたいへんうれしいです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただけるとたいへんうれしいです